TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

フォークソング 新着記事

NEW POST help
  • ダックスムーン 『きりたんぽ物語』

    秋田県在住のブロ友さん(友と呼んでいいのかな・・・)が以前、秋田県大館市を拠点に活動するポップスデュオ『ダックスムーン』を紹介されていた。この記事を読んで、そして歌を聴いてとても気にいってしまった。それ以来、ユーチューブでダックスムーンの歌をたまに聴いている。秋田の人のやさしさが伝わってくるそんな歌声。歌から温もりを感じる。ヴォーカルの三浦栄一さんは、昨年の3月まで小学校の校長先生。この校長先生の小学校に通う生徒さんは幸せだな。子どもたちが大人になったとき、校長先生の歌は一つの思い出になるだろう。こういう巡りあわせってなかなか無いからね。地元大館市のイベントにも参加されているみたい。地域に根付いた音楽活動と教員としての仕事。二足のわらじを履いた日々を「教員も音楽もやりたいことだったので、大変だとは思わなかった。...ダックスムーン『きりたんぽ物語』

    桶屋金之助

    四代目桶屋金之助の世界

    読者になる
  • 森田公一とトップギャラン 『青春時代 』

    ♪青春時代が夢なんてあとからほのぼの思うもの青春時代の真ん中は道に迷っているばかり青春時代の真ん中の時にヒットしていた。確かに道に迷っていた時期でもあった。♪青春時代が夢なんてあとからほのぼの思うもの“あとから”とは、いつのことを云うのだろか。最近思ったのは、これは還暦を過ぎたころではないだろうか。還暦を過ぎた自分。ふと振り返ってみる。青春時代、あの頃はやっぱり夢があったなぁ。「よかった、よかった、昔はよかった」吉田拓郎さんがこんな言葉を言っていたけど、ホントに昔はよかった。そんなことを思うようになってしまったのは、年老いた証拠なのだろうか。今はカラオケには行かないけど、同世代と集まってカラオケに行けばこの『青春時代』は定番の歌であったなぁ。青春時代/森田公一とトップギャラン(1993OA)森田公一とトップギャラン『青春時代』

    桶屋金之助

    四代目桶屋金之助の世界

    読者になる
  • 読者になる
  • ザ・ピーナッツ 『銀色の道』

    バブルの頃だったかと思う。名古屋・栄に「ケントス」というライブハウスがあった。ビールを片手に、60年代のポップスの生演奏を聴いてた。今でも覚えている出演者の中に、ザ・ピーナツの歌をカヴァーしている女性二人組が印象に残っている。完璧にザ・ピーナッツの世界を披露してくれる。名古屋が生んだスター。「情熱の花」、「恋のフーガ」、「恋のバカンス」。怪獣映画「モスラ」の歌。「シャボン玉ホリデー」の主題歌・・・。まるで小学生の頃に見たザ・ピーナッツの二人が、すぐそばにいる感じがしていた。あの頃、ストレスがたまっていたのか悩んでいたのか忘れてしまったが、『銀色の道』を聴いた時、心がスーッとして元気がでたんだよね。何か心に響くものがあったんだなぁ。♪遠い遠いはるかな道は冬の嵐が吹いてるが谷間の春は花が咲いているひとりひとり今日も...ザ・ピーナッツ『銀色の道』

    桶屋金之助

    四代目桶屋金之助の世界

    読者になる
  • 読者になる
  • 慌ただしい1月

    慌ただしい日々が続く。自ら去る人がいるかと思えば、上から去ることを強要される人がいる。そんな事しないなんて、嘘ばっかりだね。何十年も働いてきて、あなたにはもうこの会社で出来る仕事はないって言われたらどうしますか?そんな切ない事を言われ苦しんでいる人がいる。これから先の展開は判らないですね。さてさて、どうなることやら、とほほです。慌ただしい1月

    keightsky

    風と緑の中で

    読者になる

「音楽ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)