TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

J-インディーズ トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • RHYMESTER

    RHYMESTER

    RHYMESTER(ライムスター)は、日本の2MC+1DJで構成される3人組のヒップホップグループである。通称「ライムス」。グループ結成時のヒップホップが世間一般に認知される以前から現在に至るまで、日本のヒップホップシーンを牽引し続けている存在である。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • ハードコアヒップホップ

    ハードコアヒップホップ

    ハードコアヒップホップ(英語 Hardcore Hip Hop)とは、ヒップホップの1つのジャンル。日本ではハーコーと略される事もある。詩の主題には対立や自己主張などを取り上げ、音的には強いビートに、生のサンプリングや生音を活用する。この用語は、ギャングスタ・ラップ、マフィオソラップ、ホラーコア、ラップコア、ポリティカルヒップホップ、オルタナティブラップなどの音楽観が類似するジャンルを含む場合がある。 その起源は、1980年代後半の東海岸ヒップホップまで遡ることができる。当時活躍していたフィラデルフィアのスクーリーD、少し遅れて登場してきたニューヨークのブギーダウンプロダクション、スリックリック、ビースティ・ボーイズ、パブリックエネミーなどのアーティストたちは、当時流行していたお祭り騒ぎや自慢話といった主題を嫌うようになっていた。その代わりに、主題や内容は、都市部の貧困、アルコール/薬物依存、犯罪、街に広がる暴力、ギャング抗争といった荒廃振りを反映するようなものへと変化していった。 90年代初頭、アイスキューブ、アイスT、ダレンチモブ、サイプレスヒルといったアーティストたちが人気を集め、東海岸のハードコアヒップホップと西海岸のギャングスタラップは、ほぼ同義語と言えるようなものであった。しかしながら、オニクス、ウータンクラン、ナズ、ブラックムーン、モブディープなどのアーティストたちが、すぐさま、ハードコアヒップホップを再興し再活性化させた。この新たな形のハードコアヒップホップは、最小限のビートに、レコードからサンプリングされた痛烈なドラム音、アーバンジャズの音源や金管楽器からのサンプリング、1度聞くと忘れられない弦楽器やピアノ旋律などを特色としている。90年代後半から2000年初頭には、そのような全くのハードコアヒップホップというわけではなく、それを取り入れつつ商業化された要素を大衆文化と融合させながら生まれた作品が表舞台での大きな成功を収めた。ボーンサグズハーモニー、DMX、トゥパックシャクール、ノトーリアスBIG、ビッグパンといった面々である。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • はむつんサーブ

    はむつんサーブ

    唯一無二のアニメーションダンスチーム「はむつんサーブ」!! そして彼らの所属するバンド「Big.Baby」 はむつんサーブに関する話題、はむつんサーブwith Big.Babyに関する事なら何でもOKです! はむつんサーブ to the World!!

    テーマ投稿数 69件

    参加メンバー 1人

  • インディーズレーベルとミュージシャン!

    インディーズレーベルとミュージシャン!

    大物アーティストが次々とインディーズでリリースする今! やっぱり音楽はインディーズが熱い! 「インディーズ」って言葉はもう昔のイメージを 越えはじめています! メジャー・マイナーでは無くなってますよね。 そんなインディーズレーベルを運営されている方、 CDデビューを目指して音楽活動されている方のトラコミュです。 活動の報告などなどバンバンやって下さい! このトラコミュの出逢いが良い音楽のリリースに繋がりますように!

    テーマ投稿数 414件

    参加メンバー 32人

  • Superflyな世界

    Superflyな世界

    Superfly / superfly / スーパーフライ(越智志帆)に関する事なら何でもOK。どしどしご参加ください。

    テーマ投稿数 58件

    参加メンバー 20人

  • Napster(ナップスター)を使ってみる

    Napster(ナップスター)を使ってみる

    Napster(ナップスター)に関することをなんでもトラバするコミュ。

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 2人

  • aiko

    aiko

    aiko関連の記事を作成した時にトラバックしてください。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 7人

  • カトリック グレゴリオ聖歌

    カトリック グレゴリオ聖歌

    古き良き時代のカトリック信仰に興味がある方はどうぞ!

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 4人

  • ピョートル・チャイコフスキー

    ピョートル・チャイコフスキー

    ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーに関する事なら、何でもどうぞ

    テーマ投稿数 239件

    参加メンバー 31人

  • カノン (音楽)

    カノン (音楽)

    カノン(canon)は、複数の声部が同じ旋律を異なる時点からそれぞれ開始して演奏する様式の曲を指す。一般に輪唱と訳されるが、輪唱が全く同じ旋律を追唱するのに対し、カノンでは、異なる音で始まるものが含まれる。また、リズムが2倍になったり、上下または左右(時間の前後)が逆になったような特殊なものをも含む。有名なパッヘルベルのカノンは、3つの声部が全く同じ旋律を追唱し(ただし同時に終わるために最後がカットされる声部がある)それに伴奏が付けられたものである。ポリフォニーの一つの典型である。 ルネッサンス時代には合唱曲において頻繁にカノン様式が用いられ、多くのカノン技法はこの時代に生まれた。古くはフーガと称され、ジョスカン・デ・プレやパレストリーナらの「フーガによるミサ」はカノン様式による作品である。主題以外の旋律に自由が許されているフーガと、旋律を厳密に模倣するカノンは、今日明確に区別されている。バッハはカノンやフーガに多くの最高傑作とされる作品を残している。 18世紀以降には、ホモフォニーの音楽が主流になったため、このような技法が使われることは少なくなるが、曲の一部として取り入れられる場合も少なくない。モーツァルトの交響曲41番やベートーヴェンの交響曲第9番の終楽章の一部では、カノンが効果的に取り入れられた部分がある。また、フランクのヴァイオリンソナタの最終楽章はほぼ完全にカノンの体裁をとる。 20世紀にはいると、12音音楽などの発展の中で対位法が重視されるようになったため、また用いられることが多くなっている。 追複曲(ついふくきょく)という訳語があるが、ほとんど使われることはない。 さいきんは音楽ファンの親が、子供への命名で花音ちゃんと女の子の名前にすることも増えましたね。

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 9人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「音楽ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)