ヴォーカル 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/08/21 20:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
サモエドさん
  • 情報提供声と張力 ミックスボイスでしか歌えなくなる方法サモエドさんのプロフィール
  • 喉や声帯はよく楽器に例えられますが、個人的には弦楽器が一番近いかなと思います。音の高低は弦のテンション、声の高低は声帯のテンションに依存します。緩んだままの分厚い声帯は低い音を出し、薄く引き伸ばされるほど高い音が出ます。バスの声帯を太い弦、ソプラノの声帯を細い弦と仮定した場合。ソプラノの声帯をどれだけ緩めたところでバスの低音域は出ません。逆にバスの声帯を限界まで引き伸ばせば、もしかするとソプラノの

2位
ken.shintaniさん
  • 情報提供『声と息』を確実に感じる実践法!! 大きな声が出せないボイストレーナーブログ!!ken.shintaniさんのプロフィール
  • ご訪問いただきありがとうございます。こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。よろしく〜〜です。口の中?、どこで、どのように感じますか?の質問に多くの人は・・・。『え〜っ、そんな、考えてもないから・・・わからない!』これは、非常に大切なことだと教えられました。『あ』の口を開けて、そのまま大きく口で素早く息を吸う。そのときの息が当たる位置を感じましたか?もう一度、やりますね。『あ』と口を開けて息の当た

3位
h.hamauzuさん
  • 情報提供なぜ「お相撲さん」は歌が上手いのか。「ここに基礎あり」 ボイストレーニング SONG-VOICE-LIFE!h.hamauzuさんのプロフィール
  • ボイストレーナーの浜渦です。お相撲さん…力士は歌が上手いのか。簡単に言えば重心のコントロールが上手いのです。もちろん重心のコントロールは難しいわけですが…ここに歌やセリフにとどまらない表現の基礎が隠されているのです…!力士は重心コントロールの達人いつどの瞬間に押されても引かれても持ち上げられそうになろうとも、投げを打たれても踏ん張る…!!力士は重心コントロールの達人なわけですね。歌も重心コントロー
4位 サモエドさん
  • 情報提供ロングトーンの練習 ミックスボイスでしか歌えなくなる方法サモエドさんのプロフィール
  • ロングトーン、音を長く伸ばすことです。ペットボトルで肺活量を鍛える前に、息漏れのない発声を習熟させることが先決です。喉を開く。声門を閉じる。適量の息を吐く。そうすればベルヌーイの定理が作用します。あとは省エネを心がけます。その発声状態をできるだけ保持するだけです。基礎が固まっていればロングトーンの練習なんて必要ないのです。長音厨肺活量テストこんなのは歌というより一発芸ですが、クリアのコツは……まぶ
5位 じょんさん
  • 情報提供声量UP! 共鳴とは その3 好きな歌を全て歌えるようになる方法じょんさんのプロフィール
  • こんばんは! じょんです! 今回は『声量を増やす方法』という名目で書かせていただきます。 今回の記事は ・心理学的!人にすごいと思わせる歌とは・声量UP!共鳴とは その1・声量UP! 共鳴とは その2 の続きとなります。まだお読みで無い方は読むことをお勧めします! この話を知ることで 1. 高く力強い声の声量が増える2. 聴いた人に「すごい」と言われるようになる3. 声の伸びが良くなる などの利点があります! 逆
6位 yukkoさん
  • 情報提供目からウロコの母音の口の形オとウ 本当の自分の声に出会う倍音ボイスライフyukkoさんのプロフィール
  • 今日もご訪問ありがとうございますボイストレーナー、ヒーラーの小林由起子です。(↑2ポチいただけると嬉しいです)さて、今日は目からウロコの母音の口の形オとウ目からウロコの母音の口の形ア目からウロコの母音の口の形エとイの続きです。まず母音の口の形で押さえておくべきポイントです。顔を前に使う顔を横に広げないそしてオとウについては、次のポイントも重要歯茎と唇の間に隙間を作る唇を花びらのように少し開くこれを
更新時刻:17/08/21 20:30現在