TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

ヴィジュアル系 注目記事

NEW POST
help
  • 1位

    お久しぶりです…

    やぁやぁ久方ぶりの更新です。入院生活の方だいぶ落ち着いてきました。このまま過ごしていけば9月中の退院も夢じゃないかも? 20日から2泊3日の外泊も決まりました…

    凌▷◁.。

    お久しぶりです…

    読者になる
  • 2位

    カーブスの帰りに・・・

    道を歩いてとある場所で服を見ていたら、おばあさん同士が挨拶をして話し始めた。どうやら法事の話し。「今じゃ簡単に済ませようと言うのにね」「仕方ないから花だけ買ってきた」行くつもりらしいが、「行っても行かなくても何かしら兄弟は文句言うしね」と一人が言う。世の中みんな同じなんだとつくづく感じた。兄弟だって遠くなら難しいし、親戚は大事にしたいがやはり高齢者が多くなれば法事もままならない。お寺さんに一任しちゃう場合もあるやもしれない。包む金額二万円だって聞いた。近親者の法事なんだろうと思ったが・・・私はその場から去ったが二人の会話は続いていた。「明日は暑くなるらしいから」とばあさん達が言っていたのをチラッと聞いた。私はそこまで知らずにいたので帰って来てから新聞の天気予報を見ると、東京の最高気温33度となっていた。ウワッ!...カーブスの帰りに・・・

    赤伊 陽炎

    カーブスの帰りに・・・

    読者になる
  • 3位

    【赤城乳業】いちごチョコミント

    お家にストックしてあったアイスネタ。なんかアイスは入れ替りが激しくてすぐ無くなっちゃうので、欲しいものを見かけたらなるべくすぐ買うようにしています(笑)なので…

    真琴

    【赤城乳業】いちごチョコミント

    読者になる
  • 4位

    16日 「私たちはどうかしている」

    DNA鑑定書を見ている七桜。"真相を確かめなきゃ"の意気込み。茶事の日。現場で働く人達は忙しい。京は"開かずの戸"は開くはずと七桜は思っていた。茶事事態は滞りなく終了あいてお客様もリラックスしている。その後の女将の今日子がウロウロしだして・・・大旦那の部屋をあさっていた。遺書を探しているのだ。そこへ大旦那が入って来て、つかみ合うになり、25年前の話をしだす。自分は愛されてしたと結婚したとおもっていたのに。若旦那は今日子を愛していなかった。体をあわせてもくれなかった、と大旦那にぶちまける。それから自分は変わったという。遺書を取り上げているうちに大旦那は倒れて小机の角に頭を打ち付け・・・「指切りげんまん・・・指切った。私の勝ち」と言って大笑いしてた。蝋燭台が倒れて・・・じょじょに部屋が・・・開かずの扉が開いているの...16日「私たちはどうかしている」

    赤伊 陽炎

    16日 「私たちはどうかしている」

    読者になる

「音楽ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)