パンク・ハードコア 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/02/18 13:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
BRONZE_FIST_RECORDSさん
  • 情報提供2017年1月28日、MDC・チェンマイ公演、その3 BRONZE FIST RECORDS・社長の訓辞BRONZE_FIST_RECORDSさんのプロフィール
  • 1月29日(日)、前日のMDC・チェンマイ公演では8時間に及ぶ長丁場にも関わらず、アルコールを缶ビール三本に留めておいたので、すっきり起きられた(イベント中、ビールの代わりに無味の炭酸ソーダをたくさん飲みました)。 改めてなんだが、タイ、アメリカ、インド、シンガポールのバンドが出演、他いくつかのバンドは複数国出身メンバーの混成、さらに世界各国色んな場所から観に来た客が集う今回のようなDIYパンクイベントがこ

2位
GUILLOTINE TERRORさん
  • 情報提供親不孝者の涙 東京ハードコアギロチンテラークルミの「俺の独り言」GUILLOTINE TERRORさんのプロフィール
  • 4時半駐車場発まだ暗い甲州街道を東に向かって走る。ドリンクホルダーには温かい缶コーヒーシガーライターのソケットにアダプターを差し込み、仕事の依頼、調整で1日中フル稼働するスマートフォンを充電。ダッシュボードにサンドイッチやおにぎりなどを並べ、それに手を伸ばしパクつきながら、ハンドルを握る。ラジオはTBS。日の出の綺麗なグラデーションが、俺にパワーをくれる。ギロチンテラーに『大志五訓』という歌がある。

3位
BRONZE_FIST_RECORDSさん
  • 情報提供2017年2月26日、マレーシアンSKINHEADSのイベント BRONZE FIST RECORDS・社長の訓辞BRONZE_FIST_RECORDSさんのプロフィール
  • 最近、年に何度かはマレーシアの首都・クアラルンプールへ行く機会がある。 ちょうど滞在中の2017年2月26日に「The Joy Of Oi! Ska & Reggae」と言うイベントが行われると知り、行く事にした。 マレーシアのOi!/SKINHEADシーンは、今もカリスマ的な人気を誇るA.C.A.B.の登場をきっかけに90年代後半から盛り上がり始めた。 地元の人間によると、2000年にはクアラルンプールだけでもSKINHEADバンドが100バンドは存在し、どこのショ
4位 GUILLOTINE TERRORさん
  • 情報提供労働を以て奸賊を討つ 東京ハードコアギロチンテラークルミの「俺の独り言」GUILLOTINE TERRORさんのプロフィール
  • 晴れ渡る空、土曜日の東京。カチカチに凍った雪もさすがに融けた。ガキの頃は、雪の塊が少しずつ融けて小さくなってゆくのを寂しげに見ていた。大人になった今は、雪の害が取り除かれた生活で、しぶとく残る雪の塊は応援したくなる(苦笑)おかしなものだ。佐川国税庁長官への風当たりが強くなっている。権力者に媚び、そのおこぼれで就任した国税庁長官という職。誰もがそう見ているだろう。「水滸伝」で言えば、高俅に操られる行政
5位 ビシャ男WITH PUBLIC IMAGE COMPANYさん
  • 情報提供PILポーランドのJarocin Festival、2018年7月15日出演決定! NEVER MIND THE SEX PISTOLSビシャ男WITH PUBLIC IMAGE COMPANYさんのプロフィール
  • We are pleased to confirm that PiL will headline the Jarocin Festival, Poland. John Lydon is also the MOTYW ambassador for the festival. The Public Image is Rotten. Jarocin Festival, Jarocin, Poland, Sunday, July 15th 2018https://t.co/uBF7ycLkL9 pic.twitter.com/tWS4iZMFYd— Public Image Ltd (@pilofficial) 2018年2月10日 ジョンライドン率いるパブリックイメージリミッテッドが2018年7月15日ポーラン
6位 ビシャ男WITH PUBLIC IMAGE COMPANYさん
7位 ビシャ男WITH PUBLIC IMAGE COMPANYさん
8位 GUILLOTINE TERRORさん
  • 情報提供兄妹 東京ハードコアギロチンテラークルミの「俺の独り言」GUILLOTINE TERRORさんのプロフィール
  • 快晴の東京。早朝の多摩川の水面は鏡のように静かだった。世田谷区某所にて山留杭墨出し。世間は祝日。現場の周りも静かだ。静けさは墨出し屋にとってはありがたい事なんだが、静か過ぎて、デカイ声で数字を言ったりする事がはばかられる雰囲気(苦笑)ようやく陽が当たってきたが、風が吹き、なかなかの寒さ。芋焼酎のお湯割りなど飲みたいものだ(苦笑)平昌オリンピック。北朝鮮の金与正氏が韓国で笑顔をふりまいている姿を見て、そ
更新時刻:18/02/18 13:30現在