chevron_left

「音楽」カテゴリーを選択しなおす

cancel

〜洋楽・洋画・洋ドラ〜

THEME help
〜洋楽・洋画・洋ドラ〜
テーマ名
〜洋楽・洋画・洋ドラ〜
テーマの詳細
同じ趣味の皆様と語り合いたく作ったコミュです。 洋が絡んでいれば、愛さえあれば何でもOKです!! コメントおまちしてます!更新したものは紹介して下さい! 素晴らしい洋を世界に広めていきましょーーう!!
テーマ投稿数
268件
参加メンバー
16人
管理人
うずら管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「〜洋楽・洋画・洋ドラ〜」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「〜洋楽・洋画・洋ドラ〜 音楽ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

〜洋楽・洋画・洋ドラ〜の記事

1件〜100件

  • アニマル・ハウス・1978年
    2022/04/20 23:30
    アニマル・ハウス・1978年

    題名のアニマル・ハウスというのは本作の大学のクラブにつけられた通称だ。 「クラブ」というのは時には寄宿寮であったりもする。 単純に学生仲間、「グループ」としてもいい。 アメリカの大学というのは日本とは違っていて、とても厳しくて実務的だ。 即戦力を養成する

  • DAG's 洋画コーナー ❝ ポンペイ 原題:Pompeii ❞
    2022/04/19 20:47
    DAG's 洋画コーナー ❝ ポンペイ 原題:Pompeii ❞

    ■ 目 次 はじめに ポンペイ 原題:Pompeii おわりに はじめに ようこそ DAGY's diary へ本日のテーマは、DAG's 洋画コーナー です お送りする洋画は、 ポンペイ 原題:Pompeii です! それでは、皆さん 楽しんでってください! ٩(ˊᗜˋ*)و ポンペイ 原題:Pompeii 『ポンペイ』(原題:Pompeii)は、2014年のアメリカ合衆国のディザスター・アクション映画 監督はポール・W・S・アンダーソンで、2014年2月21日に公開された 概 要 紀元62年、ローマ帝国の支配に抵抗したケルト人はコルヴス率いるローマ軍に蹂躙され、少年マイロだけが生き残るが、…

  • バリー・シール/アメリカをはめた男・2017年
    2022/04/01 21:50
    バリー・シール/アメリカをはめた男・2017年

     本作を観ると、トムクルーズの才能につくづく感服せざるを得ない。 失礼ながらちゃんとやれる人なんだと、この映画を観たときには思ったものだ。 本作がテーマとしているであろう、人間が狂気というほどに置かれた状況にのめり込んでゆくこと、その演技は特筆ものだ。 

  • オタク話:気分転換できる無料のゲーム(GWENT: The Witcher Card Game)
    2022/03/16 02:33
    オタク話:気分転換できる無料のゲーム(GWENT: The Witcher Card Game)

    昨年末、ちょうど2019年の年末のような状況に陥っていました。。 それは、連日の「ウィッチャー祭り」です、、^^ これはNetflixのドラマシリーズですが、…

  • キャノンボール・1981年
    2022/01/19 22:28
    キャノンボール・1981年

     クルマでレースを行動でやるという発想は実はこの映画が初めてではない。 これより以前、マイナーだがそんな映画があった。 『激走!5000キロ』(原題: THE GUMBALL RALLY)という1976年制作の映画の方が先だ。 スタイリッシュな筋立てで、登場する各キャラがよく立ってい

  • ホームアローン・1991年
    2022/01/06 01:25
    ホームアローン・1991年

     新年明けましておめでとうございます。 口下手な言い方ではありますが、昨年中のお礼を申し上げたい。今年もよろしくどうぞ。 さて、この映画もまた金字塔というもの。クリスマス映画の代表作となりました。 そして映画は新年を迎えます。 この手のタイプを「留守番映

  • Mariah Carey | All I Want for Christmas Is You [恋人たちのクリスマス] - なぞろんCOVER #39
    2021/12/25 16:22
    Mariah Carey | All I Want for Christmas Is You [恋人たちのクリスマス] - なぞろんCOVER #39

    シリーズ【第39弾】は 1994年11月1日 にリリースされた マライア・キャリー さんのクリスマス定番神曲。当時中一だった私は発売日に500円玉を握り...

  • Ed Sheeran | Shivers (カリンバ+アコギ)【歌詞付】なぞろんCOVER #51
    2021/12/25 16:22
    Ed Sheeran | Shivers (カリンバ+アコギ)【歌詞付】なぞろんCOVER #51

    シリーズ【第51弾】は エド・シーラン が 2021年09月10日 にリリースした【Shivers】を カリンバ と アコギ で 1人多重奏 しました。日...

  • ゴーストバスターズ・1984年
    2021/12/23 23:23
    ゴーストバスターズ・1984年

     映画とテーマ曲、そしてロゴ、それら総合したイメージ造り。 プロモーションということを強く意識した作品が本作だったと言える。 本作は封切り前からレイパーカー・ジュニアのテーマ曲がMTVで流され大ヒット。大いに映画への興味を煽ったものだ。 軽快な曲のヒットもさ

  • キャリー・1976年
    2021/12/20 21:34
    キャリー・1976年

    またもやスティーブン・キング原作作品を取り上げてみたい。 これもまたホラー映画史に残る金字塔を築いた作品であり、多くの作品にインスパイアされている作品だ。 誰でも、少なからず本作の系譜を継いだ多くのホラー作品を挙げることができるだろう。 主人公の少女が晴

  • inkrichホームページ無料作成ならインクリッチ あなたのビジネスに信頼と安心を提供いたします
  • ビバリーヒルズ・コップ・1984年
    2021/12/19 00:09
    ビバリーヒルズ・コップ・1984年

     本作はエディ・マーフィーが飛躍した出世作と言っていい。 それまでは彼はスタンダップ・コメディアンでしかなかった。 本作のヒットでエディ・マーフィーは世界にその名を轟かせた。  本作品全体に漂う躍動感、そのリズム感は特筆ものだと言える。 エディ自身のトー

  • バグダットカフェ・1987年
    2021/12/01 17:45
    バグダットカフェ・1987年

     給水塔。 その映画ポスターのイメージは強く印象に残った記憶がある。 ロマンチックでファンタジーな、ギスギスした日常に疲れた大人には癒される映画だと思う。 テーマ曲もぴったりだ。 放浪の果て、という訳でもないが、ふらりと立ち寄った廃墟のようなモーテル。 

  • ピンクパンサー・1963年
    2021/10/20 22:15
    ピンクパンサー・1963年

     本作も間違いなく金字塔となった映画だろう。 これほどオープニングが目立つ映画も他にあまりないのではないか。 スピンアウトし、単体でアニメ作品が作られるほどのヒットキャラクターとなった。 本作は大人のコメディということがコンセプトではあったから、本作には

  • トワイライト・ゾーン
    2021/09/30 23:31
    トワイライト・ゾーン

     今、「オムニバス映画だ」と言われて、面白いかもしれないとワクワクしたり期待するという向きは少ないと思う。 本作品は「オムニバス映画」だ。 この印象派昔は違ったかも知れない。 「オムニバス」は、バラエティ溢れる塊だ。 それはまるで「幕の内弁当」のようなも

  • コーマ・1978年
    2021/09/22 02:08
    コーマ・1978年

    コーマとは「こん睡状態」のことだ。 最近はよく映画でもそんな言葉が使われる気がする。 「unconscious(意識不明)」という言いの方が昔は普通だったような気がするのだが。  本作は最近の医療界や昨今の医療を取り巻く信頼感の喪失を考えるとまるで笑えない映画かも知

  • 【この夏、お勧め!】 ショート・サーキット
    2021/09/16 04:03
    【この夏、お勧め!】 ショート・サーキット

     今現在、本作「ショート・サーキット」は、GYAOというヤフーのサービスで見れるようになっている。 ヤフージャパンのサービスであるGyaoで2021年8月31日(火) 23:59まで無料配信がされているのでご紹介する。 以前にも紹介したことがあるが、基本的には会員登録ナシでも利

  • 世界残酷物語
    2021/09/03 21:49
    世界残酷物語

     音楽がとても印象に残っている。 「モア」というタイトルだった。続編でも使われたはずだ。 イタリア映画産業がまだ栄華を誇っていた時代の作品で、多くの意欲的作品が産み出された。 本作は、まるで百科事典のように世界の習俗やショッキングな映像を集めただけという

  • 禁じられた遊び
    2021/08/28 23:29
    禁じられた遊び

     この映画で使われる曲「愛のロマンス」ほど人々に知られた曲はないかも知れない。 音楽のあまりの印象の強さに映画のストーリーがおぼろげになってしまうほどだ。 記憶はすっかり曖昧になり、タイトルから「イケナイ遊び」w、つまりエロチックなものだと思ってしまってい

  • ポリス・アカデミー
    2021/08/28 23:28
    ポリス・アカデミー

     この映画は全米で大ヒットとなった。 シリーズ化もされ、長くヒットを飛ばした作品だ。 日本でもヒットしたが、少し違和感を持って迎えられた部分はあったろう。 それはあまりにもこの警官養成学校がメチャクチャだからだ(笑)。 笑えはするがちょっとこれはないんじ

  • さらば青春の光
    2021/08/27 21:02
    さらば青春の光

     原題は「四重人格」と言うもの。 日本公開時にはこのタイトルになってしまったが、どうにも違和感はある。 「光り輝く青春時代に別れを告げる」、そんなストーリーでもないからだ。 青春とは常に薄汚れていて惨めなものでしかない。本作でもそれは同様だ。 老人が目を

  • 天使にラブソングを
    2021/07/22 21:26
    天使にラブソングを

     ゴスペルというのは偉大な音楽だと思う。 リズム・アンド・ブルースでもあり、そして聖歌でもある。 黒人音楽のひとつと言ってもいい。 ゴスペルを聖歌隊に混じって歌えたらどんなに素晴らしいだろう。 その場にいて盛り上がりを体験してみたい。 その高揚というのを

  • ラン・ローラ・ラン
    2021/07/22 21:26
    ラン・ローラ・ラン

     本作は当ブログにしたら少し新しい作品かも知れない。 ただ女が走る映画と言ったら表面的過ぎる。 しかしただ彼氏を助ける目的のために女が走った。この女は「少女」というわけではない。 なんだか必死で、追い込まれた絶望スレスレという感じがよく出ている。 きっと

  • 遊星からの物体X
    2021/07/11 22:16
    遊星からの物体X

     宇宙は未知だ。 想像力をたくましくしなくとも、どんな危険があるのか、未知のものへの怖れというのは正当なものだ。 本作が色褪せないのは、そうした正体不明なものと人類は常に対峙していることに気がつかせるからだろう。 今、コロナウィルスの感染が拡大しているが

  • 危険な情事
    2021/06/28 17:02
    危険な情事

     ひと晩の情事がやがて恐怖へと変わってゆくサスペンス。 似たようなストーリーはその後やたらと量産されたが、本作はそのハシリと言えるものだろう。 軽い気持ちのアバンチュール。 だがそれは不倫だ。男はそのツケを払わせられることになる。 その陥穽は相手の女性の

  • ザ・フォッグ
    2021/06/25 13:05
    ザ・フォッグ

     強烈な印象を残した映画だったと思う。 ジョン・カーペンター監督作品。 本作はこの題材だけで引き込まれた記憶がある。 霧の中に何かがいる。 霧に閉じ込められた住民たちが、怯えながらその霧の向こうを凝視する。 霧の向こうから何かがやってきているのだ。

  • ロッキー
    2021/06/22 21:34
    ロッキー

    やはり「ロッキー」は取り上げねばならない映画だと思う。 世紀の大ヒットとなり、5つの続編が作られた。 主演のスタローンが脚本を書いたというが、日本では漫画の「明日のジョー」を思わせた。 きっと日本の観客にはそう感じた人もいたはずだ。 あるいは本当にモチーフ

  • フットルース
    2021/06/12 15:06
    フットルース

     「ミュージカル映画」というのは独特のものがある。 映画にはカットや編集ができるというところ。 本来は一連の動きとしてはギクシャクしてしまうところをフィルムはつなげることが出来る。 だから、舞台のミュージカルではできないこと、偶然やあり得ないショットを作

  • 氷の微笑
    2021/06/10 04:23
    氷の微笑

     わずかワンカット。 セクシーな女性が脚を組替えるだけ。その動き。そのシーンがこの映画の全てだw。 それがこの映画の真髄ということだろう。 それだけで金字塔を打ち立てた。 いったい、あのシーンに何カットあったのかと思ったりもする。 取調べを受けるシ

  • 奇跡を呼ぶ男
    2021/06/03 23:31
    奇跡を呼ぶ男

     とても好きな作品だ。 名作と言っていいと思う。 何気に出演人も豪華で驚く。  今をときめく熟年俳優「ニーアム・リーソン」も出演していた。 挿入されている曲が魂を揺さぶる。ゴスペルは最高の宗教音楽だ。 ああいう盛り上がりには弱い。つい泣けてしまう。「信じ

  • 真夜中のカウボーイ
    2021/05/30 14:01
    真夜中のカウボーイ

     田舎者が夢を抱いて都会に出てくる。 妙に自信満々だ。 それだから田舎でくすぶっていては損だと出てきたのだ。 異邦人としての彼から見た都会は御しやすく見える。どれもがハリボテでインチキだと分かる。 しかしすぐに絶望と敗北の現実に直面し、自分がどれだけ恵ま

  • ヒドゥン
    2021/05/19 23:59
    ヒドゥン

     本作の主演はカイル・マクラクラン。 この作品でのキャラが立ったことでその後、ツインピークスの主役に抜擢されている。 透明で、心さえどこかに置いてきたような捜査官が現れ、連続犯を追跡し捜査を開始する。 圧倒されるようなスピード感、息もつかせぬそれぞれのヤ

  • キングコング
    2021/05/17 12:31
    キングコング

     この映画を「エロチック」なんて言ったら異論があるかも知れないが、事実そういう印象しかないw(笑)。 しかし、この映像の美女、なんとも言えないものがあるではないか。 秘境の地にいた巨大な怪物のようなゴリラと、遥か彼方のアメリカからやってきた金髪の美女との出

  • 第三の男
    2021/05/14 12:19
    第三の男

     本作のテーマ曲はあまりにも有名だ。 だからあえて当サイトではラストでの演奏を紹介する。 「続き」に、本作のテーマを貼り付けているので、どうかご勘弁願いたい。 このアントン・カラスの演奏がラストでも光る。 ラストの長いシーン、これをこれだけ充実したものに

  • 流されて
    2021/05/14 12:18
    流されて

     まるでポルノ映画のようだがこれでも普通にロードショーされた作品だ。 これを「ソフト・ポルノ」と言ったら間違いだろうか。 エロチシズムにドキドキするというのは娯楽として健全なものではある。 穏やかにエロスを楽しむというのはあっていい。子供にも有害ではない

  • ダラスの暑い日
    2021/04/29 16:33
    ダラスの暑い日

    いわずと知れたジョン・F・ケネディ暗殺事件を扱った映画だ。 今でも多くの傷をアメリカ人の心に残している事件と言われている。 国民が国を作り、国民が参加するアメリカという政治が、一部の勢力によって実は牛耳られているのだとしたらそれは絶望しかないからだ。 この

  • 1941
    2021/04/24 00:22
    1941

     本作は三船敏郎がハリウッドで最高の、正当なポジションで扱われた映画だろう。 ジョンベルーシもいい味を出していた。 完全なドタバタ。ハチャメチャなものだがストーリーはちゃんとしていた。 日本人も珍妙な描かれ方をしていなかった。 公開前からこの映画の噂に日

  • がんばれベアーズ
    2021/04/11 21:50
    がんばれベアーズ

     これもファミリーモノとしては金字塔ではある。 スポーツを中心とした子供たちの世界だ。 あまり日本での事例はないかも知れないが、野球に熱を入れ、親子でチームを応援したりすることがアメリカではよくある。 日本の場合だとステージママのような感じになってしまう

  • リップスティック
    2021/04/01 13:46
    リップスティック

     本作はレイプを扱った社会派映画だ。 主演がヘミングウェイの孫娘ということで騒がれたのが強く印象にある。 まさかヘミングウェイも、そんな映画に孫が出るとは予想もしていなかっただろう(笑)。 ヘミングウェイはどちらかというと男尊女卑の価値感の下で生きていた

  • ベンジー
    2021/03/22 21:28
    ベンジー

     昭和の頃、動物モノ映画というのが大きなブームになったことがあった。 火付け役となったのは本作だと思う。 もしかすると、本作品の登場までは「動物が主役」という映画はなかったかも知れない。 その最初のハシリがこの映画だった記憶がある。  その後、動物に演技

  • ベイブ
    2021/03/10 23:47
    ベイブ

     前回、ベンジーを挙げたこともあるので、「ベイブ」を紹介したい。 ベンジーの大ヒットから、やがて動物を映画の主な登場人物に起用するということが行われるようになり、多くの作品に彩りが加えられた。 ある場合は人間を助け、ある物語では動物が偶然の奇跡を起こす。

  • サスペリア
    2021/03/07 18:36
    サスペリア

     ゴシック的な演出と描き方は新鮮なものだった。 イタリア映画。 まだその映画産業全盛時代の名残りが本作を作らせた。 主人公は悪魔崇拝の学校に入学してしまうのだがそこがドイツ。 「イタリアはドイツの覇権主義的なところを今でも警戒している、そんな象徴だ」と言

  • ミスター・グッドバーを探して
    2021/03/02 05:49
    ミスター・グッドバーを探して

     本作品についても、やはりエロチックだという間違った認識があると思う。 前に書いたが、「さよならミスワイコフ」についてと同じもので、本作品についても、やはり社会派でありながらエロチックだとして片付けられたはずだからだ。 男性中心社会の「歪み」というのはそ

  • Hervé - Si bien du mal
    2021/02/28 23:26
    Hervé - Si bien du mal

    2021年のお年玉ブログ(フランス時間では大晦日)に、便利なアプリのことを書きました。  このShazamは、「あ!」と思う曲があった時に、スマホに聴かせると…

  • スタートレック
    2021/02/22 21:13
    スタートレック

     スターウォーズを取り上げてスター・トレックを取り上げないのはあり得ない。 いわずと知れた宇宙活劇、その連続モノだ。その長寿ぶりは金字塔だろう。  長くテレビドラマで人気になり、それが映画化されたという経緯がある。 そのコンセプトの変化を感じると興味深い。

  • さよならミス・ワイコフ
    2021/02/13 11:48
    さよならミス・ワイコフ

     エロチックな目線で見られることが多いが厳然とした社会派だと思う。 女性にも性の選択肢はあるし、本当は自由なのだ。しかしそれを社会はさせない。 そして密かにもぐりこませられた差別的な感情、そのテーマ。 挑発的な作品でもあり、それでいて女性の揺れ動く気持ち

  • レイジングブル
    2021/01/26 21:40
    レイジングブル

     ロバート・デニーロの出世作はタクシードライバーだろうと個人的には思っている。 だが、本作品で演技ができることを実証して見せたからこそ、その後のデニーロの扱い、彼を使った演出があるのだと思う。 タクシードライバーは作品の素晴らしさがあるのであり、デニーロ

  • 博士の異常な愛情
    2021/01/23 01:23
    博士の異常な愛情

     ドクター・ストレンジラブ。 古い映画ファンなら、誰もがまずこの映画のタイトルよりもこの主人公の名前を覚えているだろう。 主演はあの「ピンクパンサー」主演のコメディアン、ピーターセラーズだった。 それは強烈なインパクトがあり、本作品の本質そのものを表して

  • エアポート'75
    2021/01/12 21:13
    エアポート'75

     飛行機は落ちる。 これは誰でも考えることだ。 あの巨大な鉄の塊が空を飛ぶということが信じられない。 それにパイロット。 精神に異常をきたしたパイロットが乗客を道連れにした、なんて、実際にあったことだ。  こんな航空機への恐怖、そんなものを描く

  • ハエ男の恐怖
    2021/01/10 21:09
    ハエ男の恐怖

     この映画、原題は「ザ・フライ」、蝿だ。 漢字では間違いなく「蝿」でいいのだが、「ハエ男」としないとピンと来ないかもしれない。 そういう漢字によるニュアンスというものは確かにある。 日本語の語感としては「蝿」は生き物としてのニュアンスが強く、たかられる対

  • シックスセンス
    2021/01/07 22:50
    シックスセンス

    ブルース・ウィリスはテレビ俳優だった。 「こちらブルームーン探偵社」というテレビドラマは日本でも放映され、よく覚えている。 あれがブルース・ウィリスの役者としてのキャリアのごく初期だったようだ。 たいして面白くもない「軽口ドラマ」で、探偵社の所長の女性と

  • デイズ・オブ・サンダー
    2020/12/25 16:05
    デイズ・オブ・サンダー

     男にとって戦いの場はどこにでもある。目標のために戦う。 そこで生じる緊張、様々なストレス、昂揚感。 そんな場面でつい軽口を叩こうとするのがアメリカ人だ。 ストレスからの解放ということだろうが、映画でなくとも彼らには日常的なことだ。 その子供っぽさは我々

  • ミニシアター系映画好きにおすすめ2020Netflixオリジナルドラマランキング
    2020/12/19 17:40
    ミニシアター系映画好きにおすすめ2020Netflixオリジナルドラマランキング

    目次 洋画を愛するなら動画配信サービスはネトフリ一択!理由は凄すぎるオリジナルドラマの数々タランティーノ世代の私的NETFLIXオリジナルドラマ3選1:グレイス&フランキー2:ザ・クラウン3:ユニークライフまとめ 洋画を […]

  • クライム・オブ・パッション
    2020/12/14 22:19
    クライム・オブ・パッション

     少し世間的にはマイナーかも知れないが好きな映画。 アンソニー・パーキンスがヒッチコック・サイコの役柄の呪いから逃れようと、もがき続けた軌跡のひとつ。 彼はサイコの多くの続編にも出演し、自らとの戦いに挑んでいるようにさえ思えた。 しかしアンソニー・パーキ

  • 荒野の用心棒
    2020/12/11 17:24
    荒野の用心棒

    前回に紹介した「夕陽のガンマン」のさきがけとなった作品。 監督は同じで、イタリア人。セルジオ・レオーネという人物。 ゾンビ映画がジョージ・ロメロなら、マカロニ・ウェスタンはこの人という感じだろう。 主演をクリント・イーストウッドが勤めた最初の作品となった

  • 夕陽のガンマン
    2020/12/10 04:38
    夕陽のガンマン

     昭和の早い時代に「マカロニ・ウェスタン」という言葉が出来て、それは「イタリア系の西部劇」という意味なのだとされた。 イタリア人監督、イタリア系俳優。ともかくイタリアン・テイストが入っている西部劇の総称だ。 開拓時代のアメリカを描いた西部劇は早くからアメ

  • さらば友よ
    2020/12/07 18:49
    さらば友よ

     アランドロンとブロンソンという組み合わせは「二大スター」の競演と、当時は大いに話題を呼んだ。 しかし結局、一番印象に残っているのはこの邦題だろう。 「さらば友よ」、そしてちょっと敬礼をして別れるエンディング、それが大人の男だとみなが憧れた。 少し昔の、

  • 【海外ドラマ】「コバート・アフェア」美人諜報員がカッコよすぎる!!
    2020/12/05 21:35
    【海外ドラマ】「コバート・アフェア」美人諜報員がカッコよすぎる!!

    毎日の通勤で見ていたドラマ「コバート・アフェア」ついに見終わってしまった~!!面白すぎて、毎日の通勤時間があっという間でした(・ω・)とにかく主人公の新米諜報員が美人でかっこいい!!何か国語も操り、現場を高いヒールで攻めまくる。ミッションを遂行するために、いろんな国に飛んでいくので、様々な国の街並みもこのドラマで見ることができるのも面白かったです! コバート・アフェア CIAの訓練生のアニー・ウォーカー(パイパー・ペラーボ)が突然現場諜報員に抜擢され、危険な目に遭いながらも、持ち前の身体的能力、瞬発力、頭脳でミッションを遂行していきます!アニーのサポート役で盲目のオギー・アンダーソン(クリスト…

  • 13日の金曜日
    2020/11/27 23:23
    13日の金曜日

    13日の金曜日というのは、キリストがゴルゴダの丘へ引き回され、磔にされた日とされる。 それで不吉な日とされる。 実際にはアメリカやいくつかの国でのイメージであり、他の国では13人の最後の晩餐で13という数字だけだったり、金曜とか火曜とか、各種雑多な迷信が混じっ

  • ドクターモローの島
    2020/11/26 23:32
    ドクターモローの島

    最近の映画はドンデン返しばかりだ。 音楽で言えば「転調」とか「変調」ということになるだろうか。 まるでそれだけを目的化している感じの作品がある。 これがあまり気持ちがよくない。 映画をすっかり見慣れた人々が作品に驚きを求めて、観客の予想を裏切る映画に喝采

  • フライングハイ
    2020/11/24 21:31
    フライングハイ

     「笑い」というもの。 人間はどうして笑ってしまうのか。それを考えればはとても深いものがある。 笑いのジャンルにも色々あって、ドタバタとか皮肉とか、人間模様なんてのがある。 動物的な笑い、生理的な笑い、理性的な笑い、社会的な笑い。 つい笑い飛ばしたくなる

  • 【海外ドラマ】「 グレイズ・アナトミー」見始めたら止まらなくなった
    2020/11/23 22:52
    【海外ドラマ】「 グレイズ・アナトミー」見始めたら止まらなくなった

    ずっと見ていた海外ドラマが見終わってしまうので、次の海外ドラマどうしようかなーと、Huluの特集欄[イケメン俳優出演作品]から選んでみました! 「グレイズ・アナトミー」医療系のドラマで、試しに1話と見てみたら、1日でシーズン1見終わってました( ゚Д゚) どのキャラクターも愛着が湧いて、見ていて飽きない!!そして2005年から始まったこのドラマ、今も続いていて、今年シーズン17がスタート!まだシーズン2の途中までしか見てないですけど、これは長く楽しめそうなドラマ(*´ω`*) グレイズ・アナトミー メインキャスト(シーズン1~2) あらすじ(シーズン1~2) イケメン紹介 まとめ グレイズ・ア…

  • 個人教授
    2020/11/18 19:43
    個人教授

     年上の女性に寄せる恋心。 そんな素敵な想い出は誰にでも少なからずあるだろう。 もたげ始めた少年・青年の恋愛への憧れ、異性への高まる興味。 それは禁断の木の実だ。 「まだ子供っぽい」と、成長の早い女性からすれば男はたいてい軽くあしらわれてしまう。わずかの

  • スタンド・バイミー
    2020/11/14 22:22
    スタンド・バイミー

     子供の頃の友情。 郷愁を誘う古く懐かしい光景、線路、鉄橋。 本作には独特のリズムがある。それは子供の時間を描こうとしたものだ。 それに成功しているという気がする。 困難を抱えるそれぞれが、共に団結し、何かを成し遂げようとした、そんな思い出のひと幕。 こ

  • 【洋画】「ハッピー・デス・デイ」ホラーなのに笑える!ホラー×タイムループ映画
    2020/11/10 22:18
    【洋画】「ハッピー・デス・デイ」ホラーなのに笑える!ホラー×タイムループ映画

    映画のタイトルとポスターだけ見ると、「なんだか怖そうだなー」と思っていたのですが、タイムループ系だと知って、ループ系の映画が大好きな私は興味が勝ってドキドキしながら視聴してみました。感想としては、すっごく面白かったです!!見終わる頃には、この映画の虜になっており、すぐにもう一回見ました 笑ホラーではあるのですが、かなり笑えて、ヒューマン要素もあるので感動もあったり、最後まで飽きずに夢中で見てました(n‘∀‘)ηグロテスクなシーンは無く、爽やかな気分で見ていられる、ホラーが苦手な人でも楽しめる作品だと思います! ハッピー・デス・デイ この投稿をInstagramで見る ​Treat every …

  • 007ゴールドフィンガー
    2020/11/03 15:39
    007ゴールドフィンガー

     イアン・フレミング原作。 先日、ショーン・コネリーが10月31日に死去した。 90だというから長寿を全うしたのだろう。歴代ボンドの中で最も印象深い人だったと思う。 スコットランド訛りが印象的な、よい役者だった。たいへんな愛国者だったと伝えられる。 本作はそん

  • 【海外ドラマ】「モダン・ラブ~今日もNYの街角で~」を見てボロ泣きした話
    2020/10/31 12:00
    【海外ドラマ】「モダン・ラブ~今日もNYの街角で~」を見てボロ泣きした話

    なんだか疲れたな〜 泣きたい気分だな〜 ホッコリしたいな〜 こんな気分になる時ありませんか? 私は、ほぼ毎日仕事で心身ともにヘロヘロになり、夜にはクタクタ、土日はソファーと一体化。 そんな日々を過ごしているのですが 笑 何となくAmazonプライム・ビデオをボーとあさっている時に目に付いたドラマ 「モダン・ラブ~今日もNYの街角で~」 試しに1話だけ見るつもりが、気づいたらいっきに1日で全話見終わっていました。 そしてもう、 号 泣。 号泣といっても、悲しい号泣ではなく、 人の温かさに号泣してました。 とにかく本当に素晴らしいドラマだったので、ご紹介したいと思います! 「モダン・ラブ~今日もN…

  • トップガン
    2020/10/28 18:40
    トップガン

     トム・クルーズはアイドル顔まけのベビーフェイス。 そしてストーリーは訓練パイロットのトップ争い、ヒロインとのラブストーリと、当時、トム・クルーズに敷かれたレールは今とはまるで違うものに見える。 その後の演技などを見ていると、トム・クルーズは実はたいした

  • グーニーズ
    2020/10/26 16:58
    グーニーズ

     子供たちが宝探しをする冒険。 まるでゲームのような、そんな映画だ。 先達にインディジョーンズというのがあったから、コツは心得たものだったろう。 そこに子供という要素が入った。 子供たちの友情、青春といったら幼いが、そんな要素がある映画だ。 後にスタンド

  • カリギュラ
    2020/10/25 00:11
    カリギュラ

     このところエロチックな映画を取り上げるのが続いてたので、すっかり思い出した。 幼少の頃から映画のエロいシーンには釘付けになっていたことを。 そしてテレビの予告編にすらドキドキしたことを(笑)。 その映画のひとつがカリギュラだった。 今、熟年などの、それ

  • 真紅の処刑人
    2020/10/22 15:02
    真紅の処刑人

     強い印象を残した映画として、自分的には金字塔のひとつだ。 日本でかつてテレビ放映されたのものだが、とても子供に見せられるようなものではなかった。 まるでポルノと言えるほどのまがまがしさ、その微妙なエロチックさ、描かれているサディズムに目を見張った。  

  • ヘアスプレー
    2020/10/19 21:20
    ヘアスプレー

     ジョン・ウォーターズ監督によるグリースへのアンチテーゼと思われる映画。 あまり言われることではないと思うが間違いないと思っている。 グリースがリーゼントを固める油、ヘアスプレーは同じように髪をセットして固めるためのスプレーだ。 これは決して偶然ではない

  • グリース
    2020/10/18 12:18
    グリース

    オリビア・ニュートンジョンの全盛期と言ったらいいだろうか。 本作品ではセクシーで可憐、その両方の顔を見せてくれた。 清純派からワイルド系へイメチェンする劇中、その変身ぶりもまた素晴らしい。 当時のオリビアはカントリーからポップスへと転身した点で、今で言え

  • 誰が為に鐘は鳴る
    2020/10/14 16:58
    誰が為に鐘は鳴る

     ヘミングウェイ原作。 独裁者フランコと戦う自由のための義勇兵。 ゲリラとなってジプシーと協力し、打倒のために戦う。 常にアメリカは自由のために戦ってきた。そういう積み重ねを今に伝えてきた映画のひとつだ。 まだ大戦中に製作された映画で、士気鼓舞の意味もあ

  • 明日に向って撃て!
    2020/10/11 18:24
    明日に向って撃て!

     刹那的な男たちがひたすら選んだ道を突き進んでゆく。 相棒を得たこと、それが二人の男には一番の宝物だったのだ。 明るく軽く、気持ちのよい風のように、「なるようになるさ」と生きてゆく。そこには二人の死は描かれない。 無法者としての生き様は、常に自分を試そう

  • 今夜はビートイット、エディ・バンヘイレン
    2020/10/08 23:29
    今夜はビートイット、エディ・バンヘイレン

     「スリラー」というのはマイケル・ジャクソンのアルバム名でもある。 このアルバムには「今夜はビートイット」が収録されており、エディ・バンヘイレンがギタリストとして参加していた。 演奏はアドリブだったとされている。 デイブ・リー・ロスがソロ活動をしたこ

  • スリラー、エディ・バンヘイレン死去
    2020/10/07 14:57
    スリラー、エディ・バンヘイレン死去

     正しくは「映画」ではないが、今回、これは特別に挙げておきたいと思う。 いわずと知れたマイケルジャクソンの世紀の大ヒット曲。 そのプロモーションビデオである。  「スリラー」というマイケル・ジャクソンのアルバムの収録曲のミュージックビデオである。 当時、

  • バタリアン
    2020/10/07 14:56
    バタリアン

     ゾンビ映画と言ったらいいのかクリーチャーものと言ったらいいのか。 ゾンビ映画とミックスしたような映画。 当初はちょっとしたウィットがあるぐらいのホラーとして製作されたはずだったが、日本公開時のCMはギャグ要素が強いものだった。 やがて連作となり完全にギャ

  • E.T
    2020/10/06 17:28
    E.T

     異性人が地球にやってくる。 それはまるで迷子のようだ。 子供とのささやかな交流。 子供たちの善意に溢れた感情。第三種接近遭遇のアフターストーリーであると言える。   この映画が封切りされた頃、この映画で議論したことがある。 それはなぜこの家には父

  • オデッサファイル
    2020/10/04 21:38
    オデッサファイル

    ナチの戦犯もの。 ナチの残党のファイルをめぐっての暗闘というストーリー。 この映画の頃はまだ実際にナチの残党というのがいた。 今、ドイツで活発化している連中にはそれが引き継がれているのだろうか。 どうにもそれは疑わしい。 ドイツ第三帝国の復興を願い、

  • サンバーン
    2020/09/29 14:13
    サンバーン

     古い世代の人ならこの映画名だけは忘れないことだろう。 美人なんて形容だけでは足りないかもしれない。 世紀を彩った美人女優だった。 神がかった美しさを誇ったファラフォーセットの映画。 なにしろ圧倒的な存在感があった。 この映画が、それだけで記憶されていた

  • ナイト・オブ・ザリビングデッド
    2020/09/27 01:09
    ナイト・オブ・ザリビングデッド

     ゾンビ映画の金字塔。 言わずと知れたこのジャンルを切り拓いた最初の映画である。 「ゾンビ」という名前はその後、急速に人口に膾炙してゆくが、当初は「歩く死者」、「死霊」、「死肉」、その呼称にも色んな試行錯誤がされた形跡がある。 また、なぜゾンビなのか、ゾ

  • 羊たちの沈黙
    2020/09/23 20:36
    羊たちの沈黙

     やはり映画としては金字塔を打ち立てたひとつだと思う。 凶悪で稀有とも言える知的犯罪者が収監されている。 そこへ現行の連続殺人について捜査アドバイスを求めに捜査官が派遣される。 いわば最重要凶悪犯罪者へのインタビューである。 古い言い方だが、ここには「ア

  • バック・トゥ・ザ・フューチャー
    2020/09/22 23:41
    バック・トゥ・ザ・フューチャー

     タイムトラベルものの王道をゆく作り、誰もがついていける平易な物語展開。 言う事なしの娯楽大作だと思う。 こういう製作を辛抱強く出来るというのはひとつの才能だと思う。 クリエイターというのはどうしても自分を出してしまうもの。 設定やあちこちに自分の痕跡を

  • MAIS JE T'AIME - Grand Corps Malade & Camille
    2020/09/21 00:57
    MAIS JE T'AIME - Grand Corps Malade & Camille

    今日もラジオで聴いていいなと思った曲をご紹介します♪ これまでだいぶブログをさぼっていたので、旬を過ぎてしまった曲もたくさんありますが、、涙  こちらは最近よ…

  • スキャナーズ
    2020/09/15 15:56
    スキャナーズ

     「超能力バトル」それがこの映画のテーマだ。 CGなしの特殊効果が前面に押し出され、それが金字塔であるだけに、つい過大評価してしまうものがある。 それはもっとも盛り上がるところを予告編で流したからだ。 だが、もう一度改めて見るとちょっとガッカリするかも知れ

  • ハーダー・ゼイ・カム
    2020/09/13 21:26
    ハーダー・ゼイ・カム

     レゲエの三巨頭の一人、ジミー・クリフが主演・音楽を務めた。 レゲエ界の巨人と言ったらこのジミー・クリフ、ピーター・トッシュ、そしてボブ・マーレイである。 この映画はレゲエ映画というジャンルという金字塔を打ち立てた。 ジャマイカ、その後のクールランニング

  • 未知との遭遇
    2020/09/11 18:00
    未知との遭遇

     第一種接近遭遇、目撃。 第二種接近遭遇、物理的な接触・影響 そして第三種接近遭遇、異性人とのコンタクト。  ある意味で衝撃的なこの専門用語らしき言葉は、日本語だからこそ迫ってくる「勢い」というものがあった。 これを前面に持っていったことは配給会社の素晴

  • テン
    2020/09/05 19:29
    テン

     十点満点の女。 それがテン。 ビーチで見かけて一目ぼれする小男のダドリームーア。 彼はとてもキュートだ。ライザミネリと仲良し。戦友というところか。 ダスティン・ホフマンと違い、彼は馬鹿なところにまた別な魅力がある。 この映画では彼が理想の女を手に入れら

  • 大脱走
    2020/08/30 16:08
    大脱走

     この映画のスティーブ・マックイーンがバイクにまたがって走るシーンは映画史の金字塔だ。 爽快で痛快、自由というものがそのバイクの疾走する先に、まるで形を持ってあるように描かれた。  「脱走モノ」というくくりを映画ジャンルにするのはあまり好ましいとは

  • 恋におちて
    2020/08/27 21:59
    恋におちて

     ロバート・デニーロとメリル・ストリープ主演。 ニューヨークからの郊外への電車、それが妙に印象に残るラブストーリーだ。 切ない恋をズルいほど巧妙に描いた映画だ。 デニーロの演技もそんなキョドった、人を切なくさせるようなものだ。 今、第一線の役者で、似たよ

  • ダイハード
    2020/08/26 19:19
    ダイハード

     この映画をまだここに入れてなかったとは。 まさしく失態だ(笑)。 悪党側の話だが、ベートーベンの第五とともに金庫が開くシーンは何度見ても涙が出る。 巻き込まれ型の格闘アクション。 あまりに評判が良かったからか、クリスマス舞台が定番になりそうになった。

  • 戦場にかける橋
    2020/08/23 17:20
    戦場にかける橋

     タイを舞台にした日本軍とイギリス人捕虜との橋建設をめぐる攻防の物語。 今から見れば「戦場のメリークリスマス」 などには、パクリ的なところが見受けられる。 しかし戦時下では敵との間に友情が芽生えることは事実だ。 人質になったものが誘拐犯との間に絆を感じるな

  • 猿の惑星
    2020/08/22 21:46
    猿の惑星

     これまたひとつの映画史に残る金字塔を造った映画だった。 自由の女神像の発見は最高のラストだ。 まさに最高潮のままの絶望とともに終幕することになる。 SFものとしては奥行きがあり、壮大なものがあった。 観客はジリジリと迫ってくる絶望感、人間として追い詰めら

  • 大統領の陰謀
    2020/08/20 16:27
    大統領の陰謀

    実際に起きた事件が題材となった。 ニクソン陣営によるウォーターゲート事件。ジャーナリズムが正義を果たした。  昔も今も繰り返される陰謀。 オバマはなぜ訴追されないのか、クリントンはなぜ資金の流れを追及されないのか。 この頃の方が、むしろアメリカは分裂して

  • ブラジルから来た少年
    2020/08/19 18:24
    ブラジルから来た少年

     ナチものというのはある時期、映画の定番になりつつあった。 今思えば、あまりにそのパターンが横溢してしまい、いったいナチの何が悪だったかもわからなくなったぐらいだった。  現在の中国強盗国家の台頭を考えれば、戦後のナチ狩りなど単にヒステりーではなかったと

  • 青い経験
    2020/08/18 21:51
    青い経験

     ラウラ・アントネッリとアレクサンドロ・モモの「青い体験」に対抗して作られたものだ。 邦題はそれを意識して「青い体験」と「青い経験」となっている。 当時はイタリアなどではこうした筆降ろしものが隆盛を極めていたらしい。 とてもエロチックで刺激的だ。 こうい

  • 太陽がいっぱい
    2020/08/16 23:10
    太陽がいっぱい

     映画出演のヒット、その後スター街道を登り詰めていったアランドロンは石原裕次郎を思わせる。 熟年になってからのアランドロンの風貌と比べてあまりに繊細で青年然としている本作のアランドロンを見ても、同じように歳をとっていった裕次郎の姿を思い出させる。 作品は

  • 史上最大の作戦
    2020/08/14 19:57
    史上最大の作戦

     「ノルマンディ上陸作戦」は第二次世界大戦にとっての関が原であり、ヒトラーのドイツ第三帝国を潰すきっかけとなった作戦だ。 戦争は多くの人々が命を賭けて国家と職務のために戦うものだ。 互いの側それぞれが知恵をめぐらし、見通しを立て、そして戦う。 訓練を重ね

  • イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
    2020/08/13 14:19
    イヤー・オブ・ザ・ドラゴン

     チャイナタウン、暗黒街。 今は暴虐の限りを尽くしている本国中国政府というものがあって、中国人は世界でひどく浮いた存在だ。そしてとどめを刺したのが今回の新型コロナウィルスだ。 海外の中国人などが悪事に手を染めるヒマもないことだろう。 かつては共産化した中

  • パニック・イン・スタジアム
    2020/08/11 16:04
    パニック・イン・スタジアム

     これを銃乱射パニックものと言ったら言い過ぎか。あまりこういう分野としては作品は作られなかったからだ。 今は絶対に作られない映画だろう。 もはや銃社会の問題を抱えるアメリカでは銃乱射シーンはあまりに生々しい。 しかしこの映画が封切りになった頃は、違う意味

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用