R&B・ソウル 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/11/20 16:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
たかゆきさん
  • 情報提供Neneh Cherry/Raw Like Sushi (1989) LADY SOUL MUSIC 聴こうか!たかゆきさんのプロフィール
  • Neneh Cherry/Raw Like Sushi (1989)90年代の人との印象が強い彼女のソロデビュー盤はギリ80年代(制作88年のようです)の英国よりリリースでした。この後の彼女の活躍にせいか、一般的には印象は薄いようですが、全米英ともに3位とヒット作です。POPSにSoul R&BそしてHip-Hopブレンドした当時の英クラブシーンを反映したものですが、彼女のキャラクター性もあり内容的には素晴らしいものとなっています。エッジの効いた音に彼女の

2位
たかゆきさん
  • 情報提供Alice Clark/Alice Clark (1972) LADY SOUL MUSIC 聴こうか!たかゆきさんのプロフィール
  • Alice Clark/Alice Clark (1972) 謎多き女性シンガーの唯一のアルバムです。 当時、Jazzカテで発売され、話題にもならず1枚だけのリリース、それがレアグルーヴの波にのって再評価でアナログ盤は高騰し、CDでのリイシューもわりと頻繁に行われています。 幻の名盤とは、こういうの言うのでしょうが、内容も素晴らしいものです。 ちょっと幼い伸びやかなヴォーカルが前半のレイドバックしたSoulサウンド、後半のジャジーなサウンド

3位
たかゆきさん
  • 情報提供Doris Duke/I'm A Loser (1969) LADY SOUL MUSIC 聴こうか!たかゆきさんのプロフィール
  • Doris Duke/I'm A Loser (1969)ゴスペルシンガーのソロとしてはデビュー盤となります。 プロデュースがSwanp Dogで、Duan Almanも参加となると注目盤となるのは当たり前(リイシューにも恵まれています)ですが、内容も期待を裏切らず、ズブズブと泥臭い素敵な音となっています。 音だけではなく、彼女の歌もゴスペル出身だけあり、相当な声量と表現力で真に迫ります。 歌い回しが、あまりにもゴスペルちっくな部分もあり好き嫌い
4位 groovyhallastoopidさん
  • 情報提供Soul Makossa / The Ghana Soul Explosion FUNK OF AGESgroovyhallastoopidさんのプロフィール
  • Soul Makossa / The Ghana Soul Explosion Pickwick International '73 主にRCA原盤のレコードの廉価盤を発売していたというレーベル、ピックウィックからリリースされたガーナ・ソウル・エクスプロージョンなるグループのアルバム『Soul Makossa』。おそらくはスタジオ・ミュージシャンを集めて録音された企画モノで、グループ名からアフリカのミュージシャンかと思わせるが、実際のところはよく分からない。曲目を見て分かる
更新時刻:17/11/20 16:30現在