ジャズ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/05/21 02:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
jazzmeruさん
  • 情報提供Chet Baker / Memories - Chet Baker In Tokyo jazzmeriのblogjazzmeruさんのプロフィール
  • Chet Baker / Memories - Chet Baker In Tokyo (PaddleWheel) 1. Stella By Starlight 2. For Minors Only 3. Almost Blue 4. Portrait In Black And White 5. My Funny Valentine Chet Baker (trumpet)Harold Danko (piano)Hein Van Der Geyn (bass)John Engels (drums) Recorded live on June 14, 1987 at Hitomi-Kinen-Kodo, TokyoEngineered by Hatsuro Takanami Produced by Shigeyuki Kawashima

2位
まことさん
  • 情報提供Oliver Jones 趣味の音楽と写真まことさんのプロフィール
  • YesterdaysOliver Jones (p), Red Mitchell (b), Herb Ellis (g)Album:" Oliver Jones with Herb Ellis & Red Mitchell / Northern Summit"Recorded:Montreal, June & September, 1990オリバー・ジョーンズ / ジャズ ピアニスト生年月日: 1934年9月11日 (年齢 83歳)生まれ: カナダ モントリオール プティット=ブルゴーニュジャンル: ジャズアルバム: Pleased To Meet You、 Have Fingers, Will Travel≪ レッド・ミッチェル

3位
まことさん
  • 情報提供Kenny Barron 趣味の音楽と写真まことさんのプロフィール
  • Body and Soul (live)Kenny Barron - pianoDavid Sanchez - saxophonesDarryl Hall - double-bassJonathan Blake - drumsKenny Barron Jazz Festival in Marciac 2010ケニー・バロン / ジャズ ピアニスト生年月日: 1943年6月9日 (年齢 74歳)生まれ: アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 フィラデルフィア映画: Another Harvest Moon兄弟姉妹: ビル・バロン≪ KENNY BARRONについて ≫▼ きょうの写真は、『 薔   薇 』 です。
4位 Yamazakiさん
  • 情報提供想い出の地・サンフランシスコ TokyoとBostonをつなぐ音楽ブログYamazakiさんのプロフィール
  • 先日、サンフランシスコに1年半住んでいた方と話をしたら、サンフランシスコがとても懐かしくなりました。私が以前勤務していた会社の本社は、サンフランシスコから自動車で南に2時間位の場所にあるサンタクルーズの隣町にありました。サンフランシスコには出張で行くこともあり、いろいろ想い出が多い街です。ホテル「ウェスティン・セントフランシス・サンフランシスコ・ユニオンスクエア」のバーでドライ・マティーニを飲むと、
5位 tam.raさん
  • 情報提供Satoko Fujii/Myra Melford 二流ジャズの愉しみtam.raさんのプロフィール
  • Under The Water ★★★★★Label: Libra 202-024 CDDate: Sep 14, 2007Personnel: Satoko Fujii(p), Myra Melford(p)Music: .Yadokari, Trace A River, The Migration Of Fish, Be Melting Snow, UtsuboTag: kb_piano現代フリー・ジャズ・ピアノの2大巨匠といって問題ない二人、藤井響子とマイラ・メルフォードの共演だ。DUOが3曲、そしてそれぞれのSOLOが1曲ずつという構成なのだが、連続して聴いているとすべて一人の作品のよう
6位 Sightsongさん
  • 情報提供アンドリュー・ラム『New Orleans Suite』 SightsongSightsongさんのプロフィール
  • アンドリュー・ラム『New Orleans Suite』(Engine Studios、2005年-)を聴く。Andrew Lamb (ts)Tom Abbs (b, cello, didgeridoo, perc)Warren Smith (ds, perc, voice)一聴いつもと変わらないシカゴ的なサックストリオかとも思えるのだが、本盤には、2005年にニューオーリンズを襲ったハリケーン・カトリーナへの支援という意味が込められている。従って、1曲目の「Dyes and Lyes」から皮肉とメッセージとが発せられる。というの
7位 雨過天晴さん
  • 情報提供ねこ 雨過天晴雨過天晴さんのプロフィール
  • 週明けから九州出張第2弾。前回熊本の時には立ち寄れなかった福岡の実家に今夜は泊まっています。今年は夏休みも来年の正月も帰ることが出来ませんし、たまには両親の様子も見ておかないと。おかげさまで両親ともに元気な様子。私が大阪で好き勝手にやらせてもらっているのも二人が元気だから。ところで実家に大きな変化がありました。それは猫。以前マルチーズを飼っていましたが、一昨年亡くなってしまいました。特に母の落ち込
8位 松和のマスターさん
  • 情報提供米国ルーツ・ロックのデッド ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
  • ジャズの合間の耳休めには「米国ルーツ・ロック」が良い。1960年代終盤から1970年代、様々な米国ルーツ・ロックの好盤がリリースされた。米国ルーツ・ロックは、その名の通り、米国ルーツ・ミュージックの要素を取り込んだロックのこと。もちろん、ジャズも「米国ルーツ・ミュージック」のひとつ。 そういう面から、米国ルーツ・ミュージックは、ジャズの合間の耳休めにピッタリなのだ。このアルバムは、今を去ること約4...
9位 sっちさん
  • 情報提供加賀藩 海&テニスsっちさんのプロフィール
  • 優れた味覚と料理の腕を持つが、気の強さが仇となって1年で離縁された春(上戸彩)は、ひょんなことから加賀藩の料理方である舟木伝内(西田敏行)に料理の腕を見込まれ「息子の嫁に」と懇願される。伝内のたっての願いで、息子安信(高良健吾)のもとへ嫁ぐこと...
10位 Sightsongさん
  • 情報提供『南京事件 II』 SightsongSightsongさんのプロフィール
  • 「NNNドキュメント'18」枠で放送された『南京事件 II』(2018/5/20再放送)を観る。『南京事件 兵士たちの遺言』(2015/10/4)の続編である。前回から、清水潔ディレクターらのもと、さらに取材が進められてきたことがよくわかる。もちろんそれは歴史研究の積み重ねという観点では当然の結果ともいうことができる。●敗戦直後から、陸軍は連合軍からの戦争犯罪の追及をおそれ、内部資料を焼却した。市ヶ谷では3日間煙が立ちのぼり
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 じゃずずさん
  • 情報提供やっぱりイケメンでしょう!〜人にJAZZのCDを貸すときⅡ〜 立ち呑みbar じゃずずじゃずずさんのプロフィール
  • ART PEPPERアート・ペッパー・プラス・イレブンコレですわ。なんと言ってもイケメン。「ビル・エバンスのpianoがよかった」と言っても今回貸すCD5枚中、エバンスは1枚という……。これです。4部作の中で私の中のNo.2サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガードグローリアズ・ステップがとにかくイイので。エバンスが1枚というのもちょっと突き放している感じがするので、こちら。ベント・エゲルブラダ・トリオ通称「子
12位 つれづれなるままに聴いたジャズさん
  • 情報提供kenny barron(p) つれづれなるままに聴いたジャズつれづれなるままに聴いたジャズさんのプロフィール
  •      KENNY BARRON / BUT BEAUTIFUL     ピアノの名手ケニー・バロンとヴィブラホーンの名手ジョー・ロック、ベテラン二人が綴るデュオ作品。     演奏はもちろん、選曲もよく味わい深いアルバムに仕上がっている。  1・ON A MISTY NIGHT  2・YOU DON’T KNOW WHAT LOVE IS  3・SPRING IS HERE  4・SINGLE PEDAL OF A ROSE  5・BUT BEAUTIFUL  6・THE ISLAND  7・NANCY 
13位 umechichuharukaさん
  • 情報提供古希同窓会 2馬力ボート釣り&ゴルフumechichuharukaさんのプロフィール
  • 中学校の古希同窓会が盛会のうちに終わりました。55年前、248名の卒業生、そして今回集まったのは69名。遠くは関東、関西から。1人は東南アジアから昨日着いたという人まで。いやあ、盛り上がりました!15時から始めて、二次会も同じ場所で通して19時迄。終わり頃、もう朝までやろうかと言った奴もいて、一瞬ビビりましたね。いい加減にしろ、年を考えろ、もう70歳だぞと。途中でカラオケを入れ、幹事で「高校3年生」を合唱した
14位 okamotoさん
15位 南 博さん
  • 情報提供トーマス・ダブロウスキー(TR)の来日に寄せて 南 博 ジャズ・ポピュラーピアノ教室南 博さんのプロフィール
  • ヨーロッパのジャズの層の厚さはコペンハーゲンに度々訪れる事で知ってはいましたが、近日富みにその様相が良い意味で混沌としてきています。クラウドファウンディングの欄(https://twinmusic.co.jp/ja/detail-project.php?p_no=51チケット購入可)にも書きましたが、ヨーロッパは彼の地で更なる音楽的混血が静かに進んでいます。今回、ポーランド人のトーマス・ダブロウスキーとの邂逅はやはり偶然と言うより、コペンハーゲン界隈
16位 Tonyさん
17位 平さんさん
  • 情報提供Art Pepper (as) へべれけ日記平さんさんのプロフィール
  • Art Pepper, "One September Afternoon" (1980 Galaxy) Art Pepper (as)Stanley Cowell (p)Howard Roberts (g)Cecil McBee (b)Carl Burnett (ds) 1. Mr. Big Falls His J. G. Hands2. Close To You Alone3. There Will Never Be Another You4. Melolev5. Goodbye, Again!6. Brazil[Bonus Tracks]7. There Will Never Be Another You (alternate take)8. Melolev (alternate take)9. Goodbye, Again! (alternate take) 外気温25℃。
18位 jazzmeruさん
  • 情報提供Marilyn Crispell, Gary Peacock, Paul Motian / Amaryllis jazzmeriのblogjazzmeruさんのプロフィール
  • Marilyn Crispell, Gary Peacock, Paul Motian / Amaryllis (ECM 1742) 1. Voice From The Past (Gary Peacock)2. Amaryllis (Marilyn Crispell )3. Requiem (Gary Peacock)4. Conception Vessel / Circle Dance (PaulMotian)5. Voices (Paul Motian) 6. December Greenwings (Gary Peacock)7. Silence (For P.) (Marilyn Crispell)8. M.E. (For Manfred Eicher) (Paul Motian)9. Rounds (Marilyn Crispell)10. Avatar (Marilyn C
19位 まことさん
  • 情報提供Art Pepper Quartet 趣味の音楽と写真まことさんのプロフィール
  • Besame Mucho ー 1981Art Pepper (as), George Cables (p), David Williams (b), Carl Burnett (ds)Album:" Art Pepper / Unreleased Art, Vol. 1 Abashiri "Recorded:Live at 'Abashiri Shimin Kaikan Hall' Hokkaido, Japan, November 22, 1981出生名 アーサー・エドワード・ペッパー、ジュニア生誕 1925年9月1日出身地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ガーデナ死没 1982年6月15日(56歳没)ジャンル クール・ジャズ/
20位 平さんさん
  • 情報提供Red Garland (p), John Coltrane (ts) へべれけ日記平さんさんのプロフィール
  • Red Garland Quintet With John Coltrane, "Dig It!" (1957-1958 Prestige) Red Garland (p)John Coltrane (ts)Donald Byrd (tp)George Joyner (b)Paul Chambers (b) - on track 2 onlyArthur Taylor (ds) 1. Billie's Bounce2. Crazy Rhythm3. CTA4. Lazy Mae 昨日の昼過ぎに妹夫婦と姪っ子を迎えに車で駅へ。徒歩でも10分ほどなのだが車で。カミさんが駅前で網を張っている間にわたしはケーキ屋と果物屋に寄る。隣家の母は外すこ
21位 平さんさん
  • 情報提供Lúcio Alves (vo) へべれけ日記平さんさんのプロフィール
  • Lúcio Alves, "Balançamba" (1963 Elenco) Lúcio Alves (vo) ... et al. 1. Balançamba2. Rio3. Têtê4. Dan-Cha-Cha5. Branca Paz6. Negro7. Ai Se Eu Pudesse8. Nós E O Mar9. O Barquinho10. Além Da Imaginação11. Errinho A Tôa12. Lagrima Primeira 今週火曜日に当地での今年初の夏日を迎えてからと云うもの、今日で4日連続の夏日。外気温26℃。湿気があり、蒸し暑い。 こんな日はボサ系の音楽に手が出てしまった
22位 jazzmeruさん
  • 情報提供Kenny Barron / What If ? jazzmeriのblogjazzmeruさんのプロフィール
  • Kenny Barron / What If ? (Enja 5013) 1. Phantoms2. What If ? 3. Close to You Alone (Cecil McBee) 4. Dexterity (Charlie Parker) 5. Voyage6. Lullabye7. Trinkle, Tinkle (Thelonious Monk) All compositions by Kenny Barron except where noted. Kenny Barron (piano)Wallace Roney (trumpet on 1, 2, 5 & 6)John Stubblefield (tenor saxophone on 1, 2,5 & 6)Cecil McBee (bass on 1-3, 5 & 6)Victor Lewis (drums o
23位 迦陵頻伽さん
  • 情報提供Pim Jacobs 〜マイナージャズレコードの世界〜迦陵頻伽さんのプロフィール
  • SchoolconcertCBS/S52815/Holland/1970Pim Jacobs(p) Rudd Jacobs(b) Peter Ypma(dr)Wim Overgaauw(g)Side1How Could You Do A Thing Like That To MeInleiding Pim Jacobs Speelt De Melodie Van "Summertime", Laat De Daarbij Passende Accoorden Horen, En Geeft Vervolgens Een Voorbeeld Hoe Deze Harmonieën Kunnen Klinken Wanneer Ze Door Een Jazzmusicus Behandeld Zijn. Op Dit Accoordenschema Speelt Hij Daarna
24位 tam.raさん
  • 情報提供Bob Prince 二流ジャズの愉しみtam.raさんのプロフィール
  • Charleston 1970 ★★★Label: Warner Bros. WS 1276 LPDate: December 18 & 23, 1958 and January 1, 5, 12, 1959Personnel: Bob Prince (ldr), Phil Woods (as), Al Cohn (ts), Sol Schlinger (bar), Donald Byrd (tp), Billy Byers (tb), Don Butterfield (tu), Barry Galbraith (gu, bj), Hank Jones (p), Milt Hinton (b), Don Lamond (dr)Music: Charleston, Ain't She Sweet, Five Foot Two, Eyes Of Blue, Sack Dress, Bea
25位 じゃずずさん
  • 情報提供SPEAK LOW  pとvoの 立ち呑みbar じゃずずじゃずずさんのプロフィール
  • 何となくジャケットの雰囲気が似ている2枚SPEAK LOW AWALTER BISHOP JR. TRIOSPEAK LOWHARCSA VERONIKAいま打って気付いたがどちらも同じタイトルだったのですね。何にしても名盤です。今日のツマミはきりざい風。小粒納豆と山形の「だし」で。シャッキリした漬け物を所望する最近。殿様の魂が宿ったのかもしれない。今日は午前休日出勤、午後は昼寝とジュウジツした日
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 ジャズトレーンさん
  • 情報提供中村誠一、吉岡秀晃スーパーデュオお越しいただき有難う御座いました。 八王子音楽スタジオジャズトレーンジャズトレーンさんのプロフィール
  • 先週の金曜日中村誠一、吉岡秀晃スーパーデュオお越しいただき本当に有難う御座いました。 お陰様で予約完売、満員御礼となりました。 トラディショナル、スイング時代のナンバーからジャズスタンダード、スタンリータレンタインのオリジナルまで、楽しくてあっという間の2時間、2ステージでした。 また中村誠一、吉岡秀晃スーパーデュオライブ企画しようと思いますので、スケジュール、ブログのチェック宜しくお願い致します
27位 つれづれなるままに聴いたジャズさん
  • 情報提供thomas clausen & steve swallow つれづれなるままに聴いたジャズつれづれなるままに聴いたジャズさんのプロフィール
  •      THOMAS CLAUSEN / MORNING... DREAMING...     北欧の『超ビル・エヴァンス系』ピアニスト、トーマス・クラウセンのリーダー作。     ニューヨーク生まれ、アメリカのベテランベーシスト、スティーヴ・スワロウとのデュオアルバム。     スワロウは、ゲイリー・バートン、ジョン・スコフィールド、アート・ファーマーらのバンドに参加してきた、まさしくクラウセンに     とって憧れの存在。全
28位 Misakoさん
  • 情報提供テンポの速い4ビートの練習 MISAブロMisakoさんのプロフィール
  • 来月初めに私が講師をしているフィルインの生徒の発表会があります。 生徒の皆さん、一生懸命練習してくれているようです。 ある生徒さんが、軽快に早いテンポの曲に初めて挑戦したいということでレッスンしています。 テンポの速い4ビートは特にノリが命。 そして、リズムが取れないと途中で演奏とずれる可能もありますし、ビートにのれないと聞いているとグダグダな感じに聞こえノリが伝わってきません。長く音楽をやっていると
29位 東エミ(ヒガシエミ)さん
  • 情報提供Yesterday Groovy Groovy 〜and all that jazz〜東エミ(ヒガシエミ)さんのプロフィール
  • Yesterday(Lennon/McCartney)※「Yesterday」の英語歌詞はこちら昨日、遠い世界の話のように思えた不安や恐れが今、僕のところにやって来て居座ってしまっているようだああ、昨日までは良かったのに突然のことに僕は以前の僕ではなくなってしまったみたいだ暗い影が僕に重くのしかかるああ、昨日のことは不意にやって来たなんで彼女は去ってしまったのか僕には分からない彼女は何も話そうとはしてくれなかった僕が何か傷つける
30位 andaleさん
31位 雨過天晴さん
  • 情報提供今日の雑感 雨過天晴雨過天晴さんのプロフィール
  • 不定期企画「今日の雑感」。西城秀樹昨夜西城秀樹が亡くなったとのこと。63歳。我々40代半ばの人間からすると小学生の時には既に大スター。「Young Man」「傷だらけのローラ」「ギャランドゥ」「ブーメラン ストリート」・・・ヒット曲もいっぱい。芸能人水泳大会での活躍も覚えています。ちびまる子ちゃんの主題歌を歌っていたのもよく覚えています。カレーのイメージも強く、元気いっぱいのイメージしかありません。心不全との
32位 まいたけさん
  • 情報提供洗濯機 縦型とドラム式 まいたけの日記まいたけさんのプロフィール
  • 次から次から・・・今度は洗濯機の調子が悪いです。しばらく前から洗濯物の量が多い時の脱水時の動作音がガタガタとすごい音がするようになりまして、気にはなっていたのですが、とうとうどこからか水が漏れだすようになりました。洗濯機には縦型とドラム式がありますよね。私はドラム式に憧れているのですが、パソコンと車のエアコンの修理代と固定資産税、自動車税ともうお金がありません。というわけで、HITACHIの縦型の洗濯機
33位 地底レコードさん
34位 松和のマスターさん
  • 情報提供リピダルの先進的なエレ・ジャズ ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
  • 暑くも無く寒くも無い。この5月の過ごしやすい季節は、ハードなジャズを聴くのに最適な季節である。まあ、今年の5月の意外と天気が悪く、天気が回復すると途端に夏日と暑くなる。過ごしやすい、というにはちょっと、という感じなのだが、それでも夏や冬の気候に比べたら、圧倒的に過ごしやすい。 この過ごしやすい季節によく聴くジャズのひとつが「ECMレーベル」のアルバム達。夏には暑さを我慢して聴くにはハードなフリー・...
35位 南 博さん
  • 情報提供ポーランド人トランペッター、 Tomasz Dabrowski Japan Tour 情報 南 博 ジャズ・ポピュラーピアノ教室南 博さんのプロフィール
  • ポーランド人トランペッター、トーマス・ダブロウスキ Tomasz Dabrowski AD HOC、の情報が PIT INN MUSIC のWEBSITEに掲載されました。僥倖です。 http://www.pit-inn.com/music/jp/whatsnew/post-18.php (抜粋) 南 博の取り組むジャズはヨーロッパスタイルのフリージャズ形式を取り込んだモダンな響きのするフリーフォームなスタイルであり、彼独自の現代的なジャズへの取り組みでもあります。一見とても難解そうでありながら
36位 権上康志さん
  • 情報提供萩長門方面 ジャズベーシスト権上康志のライブ日記権上康志さんのプロフィール
  • 田植えも終わり、今日は萩長門方面をぐるっと。◇ショアーズ◇ 長門市西深川361-1 tel:0837-22-5422◇Boulangerie KURA◇ 美祢市美東町赤3108 tel:08396-2-1111◇欧風家庭料理パウゼ◇ 萩市浜崎町14-1 tel:0120-863-778◇Village◇ 萩市土原291-1 tel:0838-25-6596山口の皆行ってみてね!
37位 権上康志さん
  • 情報提供TAUE ジャズベーシスト権上康志のライブ日記権上康志さんのプロフィール
  • 昨日はうめだ阪急のニューヨークフェアで演奏していた男が、今日は実家の田植えを手伝っています。目指せJAZZ界のTOKIO。
38位 つれづれなるままに聴いたジャズさん
  • 情報提供bill evans(p) つれづれなるままに聴いたジャズつれづれなるままに聴いたジャズさんのプロフィール
  •      THE BEST OF BILL EVANS ON VERVE     リバーサイドからヴァーヴに移籍した、ビル・エヴァンスのベストアルバム。     個人的にもリバーサイドの作品は最も愛聴しているけれど、ヴァーヴのベスト盤もまた、変化に富んだ構成で、     様々なミュージシャンのプレイを聴けて飽きることなく、曲目、曲順も申し分ない。     エヴァンスの初心者、上級者まで満足できる内容になっている。  1・S
39位 JAZZIN’さん
  • 情報提供Tenderlyを聴く(4) JAZZIN'JAZZIN’さんのプロフィール
  • Chet Baker / In Europe針を落とした瞬間にチェットのアンニュイな世界が拡がる、雨降りの日にピッタリなアルバム。トランペット演奏のみでボーカル無しだが、吹いても歌ってもそのアンニュイさ変わらない。Johnny Hartman / All of me (リンク無)ヤクザの親分並みに貫禄がある重厚なハートマンの唄声とストリングス入りですので、薄暗いキャバレーでブランデーを片手に、の世界です。Barney Kessel / Easy Like西海岸の陽射しのように、明快で淀みないケッセルのギターを聴いていると、
40位 雨過天晴さん
  • 情報提供最近の収穫 雨過天晴雨過天晴さんのプロフィール
  • 欲しい服は欲しい時に買うべし。基本はコレ鉄則。でもさ、欲しいんだけど明らかに予算オーバーの時ってよくあります。お給料は私だけのものではありませんのでね。なので我慢の子。そんな時にフリマアプリを除くわけですわ。私はサイズがでかいので、とりあえず好きなデザインであっても、それがものすごく格安で出品されてても、手が出せない。なのでいつも様子見。ちょくちょく見てると極希に見つかるんです。「コイツだ!!
41位 まいたけさん
  • 情報提供ピーナッツとジャズ まいたけの日記まいたけさんのプロフィール
  • スヌーピーライフはスヌーピーというキャラクターとストーリーがとてもかわいいアプリですね。アイテム探しもほどほどの難易度で、わりとすいすいストーリーが進むところがいいです。ところで、キャラクターやストーリーもさることながら、音楽もいいですよね、ピアノジャズ。ピーナッツがアニメ化された際にヴィンス・ガラルディによって制作された作品の数々はわりと耳にすることが多いと思います。BGMにジャズを使うという当時
42位 Sightsongさん
43位 倉田大輔さん
  • 情報提供今夜5月18日(金)は大森明(alto sax)カルテット!私の大森さんとの出会いは28年... 倉田大輔の思う「今日この頃」。倉田大輔さんのプロフィール
  • 今夜5月18日(金)は大森明(alto sax)カルテット!私の大森さんとの出会いは28年前、大学生の時に聴いたTOKYO ENSEMBLE LAB。フュージョン出身で当時学生ビッグバンドサークルに所属していた自分にとってはこのBreath from the Season というアルバムがめちゃくちゃカッコいいアルバムだった。そのバンドにいらした大森明さんとはうすーく長ーいお付き合いをさせていただいております。 大森明(alto sax)水野修平(piano)島田
44位 松和のマスターさん
  • 情報提供ヨーロピアン・カルテットの本質 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
  • キースのヨーロピアン・カルテットを聴いている。ヨーロピアン・カルテットとは、キースがリーダーとなって、ECMレーベルをメインに録音したカルテットのこと。1970年代中盤〜後半を中心に、約6年の活動期間だった。2012年までは、公式アルバム数は「4枚」だったが、2012年に『Sleeper』が追加リリースされて「5枚」。 そんなキースのヨーロピアン・カルテットなのだが、相対する「アメリカン・カルテッ...
45位 アナログおやじさん
  • 情報提供The Third world/GATO アナログおやじのJazz&Audio日記アナログおやじさんのプロフィール
  • 最近はライブやオーディオの話ばかりで肝心なJazz recordについてすっかりご無沙汰してしまった。なんと、およそ10か月である。で、今宵の一枚はGato BarbieriのThe Third World。1969年の録音でレーベルはFlying Dutchman。Gatoと言えばたしか「ラストタンゴ・イン・パリ」(大胆な性描写が話題となったマーロンブラント主演の1972年のイタリア映画)のサウンドトラックを担当。個人的にはこの映画の曲が収録されたLPとこのThe
46位 権上康志さん
47位 ピノ子さん
  • 情報提供あの日のおみくじは.... 私の好きな....花 そして音楽ピノ子さんのプロフィール
  • このあいだの伏見稲荷神社のおみくじ....生まれて初めてです大大吉.....なんて あるんだ !!!驚き こちらの神社のおみくじは 少し変わっている...と聞いてましたが大吉ですら 私はひいたことがなかったのでなんだか 嬉しいのと 驚いてしまっているのとすこし困惑してしまう 結果でしたとりあえず 良かった....このくじは 大事に財布に入れてあります
48位 トマリさん
  • 情報提供Impressions / John Coltrane トマリのジャズブログトマリさんのプロフィール
  • Impressions / John ColtraneImpulse! (1963)Track list1 "India"2 "Up 'Gainst the Wall"3 "Impressions"4 "After the Rain"John Coltrane ? ss , tsEric Dolphy ? bass clarinet (tracks 1,3)McCoy Tyner ? piano (exc. track 2)Jimmy Garrison ? double ba..
49位 ジャズシンガーMAYAさん
  • 情報提供松尾明 TRIO NEW ALBUM JAZZ&LATINボーカリストMAYAオフィシャルブログ♪ ジャズシンガーMAYAさんのプロフィール
  • 私のアルバムプロデュースやドラマーとして長年お世話になっている松尾明TRIOのニューアルバムがこの夏発売になります!哀愁漂う大人のラテンアルバム。流石のセンス抜群の選曲、サウンドもめちゃめちゃクールです! 松尾明(Ds)New Trio...仲田美穂(P)仲石裕介(B) アルバムタイトル「Mostry Latin」7月にジャズフリークレコードより発売だそうです。 私MAYAはアルバムアートワークに少々関わらせて頂く予定です。先日、写真
50位 ジャズトレーンさん
  • 情報提供6月2日(土)ハードバップカルテットライブ 八王子音楽スタジオジャズトレーンジャズトレーンさんのプロフィール
  • 6月2日(土)は若手プロミュージシャンのハードバップカルテットのライブです。 ハードバップカルテットは1950−60年代のモダンジャズの名曲を、ストレートアヘッドなジャズを演奏する若手では珍しいバンドです。 阿佐ヶ谷マンハッタン、東中野セロニアスなどでもライブ活動を行なっています、今回は八王子ジャズトレーン2回目の出演です。 ハードバップ、モダンジャズの珠玉の名曲を一緒に楽しみましょう。 ぜひお越し
更新時刻:18/05/21 02:30現在