ジャズ 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/10/17 14:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
松和のマスターさん
  • 情報提供ながら聴きのジャズも良い・28 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
  • 昨日は土曜日にもかかわらず、午前中は買い出し〜通院。午後は、先週から引き摺っていた、ネットの音楽再生環境の重大な不具合の対応に忙殺されて、ブログを更新する暇がありませんでした。天気は悪いし、ネットの音楽再生環境を再構築することになって、てんやわんやの一日でした。やれやれ。 しかし、今朝、やっとリカバリー完了。再び、安定した音楽再生環境が整うこととなり、ほっと一息。しかし、今日は朝から雨。それもまと.

2位
enosさん

3位
平さんさん
  • 情報提供Ela É Carioca へべれけ日記平さんさんのプロフィール
  • 「曲」なるブログ・テーマの78回目。 いやあ、寒いっす。ただいまの外気温15℃。終日雨。寒くて昨日は例年より早めに今秋初めて風呂 を焚いた。わたしもかつては通年で風呂を沸かしておったのだけども、米国北加州での10年近くにわたる暮らしを経て、平常時はすっかりシャワー派 となった。身体が底冷えする時だけ風呂。わたしはシャワーの場合は5分以内に上がってしまうので、ガス・水道料金の節約になる。昨夜は温まりました。
4位 まことさん
  • 情報提供Kenny Burrell 趣味の写真まことさんのプロフィール
  • Kenny Burrell - Lover Man▼ きょうの写真は、『 山里の風景 1 』 です。 ▼ΔΔ 猫   用   品 ΔΔ▲ページ先頭へ
5位 まことさん
  • 情報提供スキヤキ ソング 趣味の写真まことさんのプロフィール
  • SUKI YAKI by Kenny Ball and his Jazzmen 昨日、「おきてがみ」などが表示されなくなったと騒いでいたオイラですが、なんのこたあない「Google Chrome」に広告カットの拡張機能を入れたのを忘れていました。 (;´▽`A``今日、それを「停止」状態にしたら普通に戻りました。 お騒がせ致しました。m(__)m▼ 今日の花写真は、『 ウメモドキ (大納言) 』 です。 ▼ΔΔ 猫   用   品 ΔΔ▲ページ先頭へ
6位 トマリさん
  • 情報提供20171015 ライブ参加 (エレクトリックベース) 本番編 トマリのジャズブログトマリさんのプロフィール
  • 前回の記事では、練習編をアップしましたが、今回は、本番編。本番の様子を書いていきたいと思います。本番の演奏本番のトマリの演奏はといいますと、先に言ってしまいますが、大きな失敗もなく、無難に演奏出来ました。可もなく不可もなしという感じ。バンド全体的にもなかなか良い仕上がりだったようです。↓演奏準備中のトマリ曲は以下の3曲A Night in Tunisia (tp + as + piano trio)Autumn Leaves (vo + tp + piano trio)But
7位 雨過天晴さん
  • 情報提供Aki Rissanen Solo @NAM HALL 雨過天晴雨過天晴さんのプロフィール
  • 天気が悪いですね。やだやだ。今日は京都でジャズ・ピアニスト アキ・リッサネンのソロコンサートを観に行きました。本当は大阪公演を観に行こうと思っていたのですが、今日友人と京都で会うことになっていたので、急遽コチラに変更。友人はいつもロックフェスには行くもののジャズは初めて、ということで楽しみにしていたようです。場所は平安神宮近く。このあたりに来るのは本当に久しぶり。開場に合わせて到着したらすぐ入
8位 tam.raさん
  • 情報提供Pascale Lavoie 二流ジャズの愉しみtam.raさんのプロフィール
  • You And The Night And The Music ★★★★Label: Private PML20022 CDDate: Nov. Dec 2001Personnel: Pascale Lavoie (vo) , Joe Sullivan (flh), Maxime-Samuel Seguin (p), Kenny Bibace (gu), Dave Watts (b), Dave Laing (dr), Michel Berthiaume (dr), Rene Lazaro (per), Bruno Lamarche (sax), Craig Hodgson (sax)Music: You and the Night and the Music, I've Got You Under My Skin, I Get a Kick out of You, La Fil
9位 高野敦志さん
  • 情報提供男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく(第21作) 「青空文庫」の作家、高野敦志の世界高野敦志さんのプロフィール
  •  寅次郎は肥後の温泉で、失恋ばかりしている男留吉と出会い、失恋したら潔く立ち去るべきだと諭す。失恋を繰り返す寅次郎は、先輩として失恋指南をしているわけだ。留吉とかとめとかいう名前は、子だくさんな時代にはあったものだが、少子化の現代ではあり得ないだろう。 ところで、寅次郎はまたもや宿賃がなくて、さくらに九州まで届けに来てもらう。「寅次郎純情詩集」でも同じ設定があった。宿賃が払えないなら、現金書留か振
10位 汎猫さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 ウォーキングベースラインレッスンさん
  • 情報提供リズム譜をわかりやすく読めるようにやっていたこと 超かんたんウォーキングベースライン作成講座!ウォーキングベースラインレッスンさんのプロフィール
  • リズム譜をわかりやすく読めるようにやっていたことを書きます。 リズム譜をわかりや 続きを読む リズム譜をわかりやすく読めるようにやっていたこと→The post リズム譜をわかりやすく読めるようにやっていたこと appeared first on 元パンクロッカーでも弾ける!超かんたんウォーキングベースライン作成講座!.
12位 jazzmeruさん
  • 情報提供Gerry Mulligan / Night Lights jazzmeriのblogjazzmeruさんのプロフィール
  • Gerry Mulligan / NightLights (Mercury) 1. Night Lights (G. Mulligan) 2. Morning Of The Carnival From "Black Orpheus " (L Bonfa, A. Maria, F. Llenas)3. In the Wee Small Hours of the Moroning (D.Mann, B. Hilliard) 4. Prelude In E Minor (F. Chopin, arr. G.Mulligan) 5. Festive Minor (G. Mulligan) 6. Tell Me When (G. Mulligan)7. Night Lights (G. Mulligan) Gerry Mulligan (baritone saxophone on 2 - 6,
13位 縞梟さん
14位  JAZZ好き団塊オヤジさん
  • 情報提供団塊オヤジのJAZZ日記・・(〜「岡山ジャズデイズ2017」が終わりました・・〜) MILESTONES・・・ (団塊オヤジのJAZZ日記・・) JAZZ好き団塊オヤジさんのプロフィール
  • 先週末(10/14〜15)、岡山市表町商店街の5会場に渡って行われた、「岡山ジャズデイズ2017」が終わりました。この取組みは長く岡山でジャズシーンの発展に尽力してこられた嶋岡氏が地方都市岡山で岡山ならではのジャズのイベントが出来ないかと長年構想を練ってこられたイベントということです。このイベントの趣旨に賛同される、地元、岡山で活動されている多くのジャズミュージシャン、ジャズ関係者、地元商店街の方々のご協力
15位 GOOD3SHOODさん
  • 情報提供JBLオーデイオ** 鈴木 勲のブロー・アップと、ブルー・シテイ ! JAZZオーデイオGOOD3SHOODさんのプロフィール
  • 自作スピーカーの音を確認するにあたって、写真の2枚、鈴木 勲の 「 ブローアップ 」 と 「 ブルー・シテイ 」 のレコードをとりだしました。                                                         矢張りスピーカーの音を確認するときは、普段聞きなれたレコードじゃないと、余計に迷ってしまう
16位 NEKOMARUさん
17位 team357さん
  • 情報提供素敵な人 名古屋を中心に活動中!ジャズシンガー伊藤綾team357さんのプロフィール
  • 名古屋を中心に活動中。JAZZボーカル伊藤綾です。写真は、先月の高井伸夫先生の食事会の一コマ。写真手前右から、横山記念病院院長 医学博士横山先生、ドラッグスギヤマ株式会社スギヤマ薬品杉山社長レストランで快進撃の「ファッズ」 佐野 直史社長 株式会社ヴィヴィ石田社長速水林業 9代目株式会社森林再生シ
18位 Verdiさん
19位 迦陵頻伽さん
  • 情報提供Brazilian Jazz Quartet 〜マイナージャズレコードの世界〜迦陵頻伽さんのプロフィール
  • The Good Neighbors JazzCOLMBIA/LPCB37037/Brazil/1958Jose Ferreira Godinho Filho "Case"(as) Moacyr Peixoto(p)Major Holley(b) Jimmy Campbell(dr)Side1Rough Ridin Esay To Love Out Of Nowhere Major Blues Side2Yesterdays Copacabana Peixoto's Blues Brazilian Jazz Quartetのアルバムとして紹介するが、アルバムタイトルが示すように正確には「Brazilian」Jazz Quartetではない。かといって誰がリーダ
20位 R297さん
21位 umechichuharukaさん
  • 情報提供孫の幼稚園運動会 2馬力ボート釣り&ゴルフumechichuharukaさんのプロフィール
  • さあ〜懸案の孫の幼稚園運動会!この孫はお姉ちゃん2人と下に妹が居る。運動は不得意、そして少し肥満ぎみ孫は練習が頻繁にあるので、通園も気乗りしない様子だと言うので、こちらも気がかり。ばあばあが応援に行くからねと言っても、嫌な顔をして来なくて良いと言うそうな。それで可哀想だし、孫のしょげてる様子を見てもな〜。隠れて見に行こうかという話まで出る始末しかし心配された天気も持ち直しそうで、見に行くことに!着
22位 平さんさん
  • 情報提供Well You Needn't (It's Over Now) へべれけ日記平さんさんのプロフィール
  • 「曲」なるブログ・テーマの76回目。 モンクの"Well You Needn't"。わたしはモンクの曲が一連の好きでありまして、ポスト・バップ(バップ後のジャズ)の入り口にあたるのかな、と考えています。思えば、コルトレーンもモンクに教わりながら一緒に演奏して以降、進化の速度が凄くなった。 この曲には、事後にだろうけども歌詞がついてるのね。そういや何かで聴いたことがあるぞ。いいねえ、南部黒人訛りの歌詞。 "You're talkin' s
23位 平さんさん
  • 情報提供James へべれけ日記平さんさんのプロフィール
  • 「曲」なるブログ・テーマの77回目。 月毎のリズムが定まってきました。 月の中旬:トーキョーでのジャズ研OBセッションをやって、酒呑んで、翌月の曲が月平均6曲決まる。翌日より酒呑みながら譜面書き。そして、月末のガレージ・セッションの曲の練習を始める。 月末:ガレージ・セッションをやって、酒呑んで、翌月の曲が3、4曲決まる。翌日より酒呑みながら譜面書き。そして、翌月中旬のジャズ研OBセッションの曲の練習を始める
24位 南国ピアノ芸術ブックストアさん
25位 いきくんぺいさん
  • 情報提供【ジャズアドリブ】「何を」の前に「どこを」という話(前編) Jazz Clarinetist in Bostonいきくんぺいさんのプロフィール
  • 皆さんこんにちは! ジャズクラリネット奏者の壱岐薫平です。 前回の記事、「ジャズのアドリブが今この瞬間に出来るようになる方法教えます」は各方面から反響を頂きまして、ありがとうございます。「え、何その記事読んでない!」というアドリブが全然出来るようにならなくてお悩みの方は是非ご一読下さい! 今回はその続きというわけではありませんが、アドリブをする上で役に立つ発想転換の方法、ということで多少前回の内容も
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 後藤 誠さん
27位  JAZZ好き団塊オヤジさん
  • 情報提供団塊オヤジのJAZZ日記・・(〜 いよいよ 「岡山ジャズデイズ 2017」・・ 〜) MILESTONES・・・ (団塊オヤジのJAZZ日記・・) JAZZ好き団塊オヤジさんのプロフィール
  • 今週末、岡山市表町商店街の5会場に渡って行わる、「岡山ジャズデイズ2017」が開催されます。岡山発、岡山初のジャズストリートです。地元、岡山で活動されている多くのジャズミュージシャンがこの取組みに賛同し、出演されます。このイベントを通じて岡山のジャズシーンが更に活性化していくことをこの取組みに賛同する岡山に住むジャズファンの一人として願っています。さぁ〜今週末はジャズ三昧です!!
28位 jazzmeruさん
  • 情報提供Oscar Peterson / Vol. IV / My Favorite Instrument jazzmeriのblogjazzmeruさんのプロフィール
  • Oscar Peterson / Vol. IV / My FavoriteInstrument (MPS) 1. Someone To Watch Over Me (G. and I.Gershwin)2. Perdido (Juan Tizol)3. Body And Soul (Johnnie Green) 4. Who Can I Turn To (Bricusse / Newley)5. Bye Bye Blackbird (Dixon / Henderson)6. I Should Care (Stordahl / Weston / Cahn)7. Lulu's Back In Town(Warren / Dubin)8. Little Girl Blue(Rodgers / Hart)9. Take The "A" Train (Billy Strayhorn) Osca
29位 jazzmeruさん
  • 情報提供Joe Henderson / Inner Urge jazzmeriのblogjazzmeruさんのプロフィール
  • Joe Henderson / Inner Urge (Blue Note BST84189) 1. Inner Urge 2. Isotope3. El Barrio4. You Know I Care (Duke Pearson) 5. Night and Day (Cole Porter) All compositions by Joe Henderson, except where noted. Joe Henderson (tenor saxophone)McCoy Tyner (piano)Bob Cranshaw (bass)Elvin Jones (drums) Recorded on November 30, 1964 at Van Gelder Studio, Englewood CliffsEngineered by Rudy Van GelderProduce
30位 雨過天晴さん
  • 情報提供The Mugician 雨過天晴雨過天晴さんのプロフィール
  • 今夜は最初にジャズのご紹介しましょう。新世代のジャズ・トランペッター キーヨン・ハロルドで『The Mugician』。The MugicianKeyon HarroldSony Legacy1.Voicemail Featuring Shirley Harrold2.The Mugician Featuring Josh David Barrett3.MB Lament4.When Will It Stop? Featuring Guy Torry5.Wayfaring Traveler Featuring Jermaine Holmes, Georgia Anne Muldrow and Robert Glasper6.Stay This Way Featuring Bilal and
31位 andaleさん
32位 萩尾しのさん
  • 情報提供大人のロリータJAZZ@舵輪10/6 萩尾しの@平成JAZZ浪漫萩尾しのさんのプロフィール
  • 気付くと、9月のライブレポをしないままに10月に突入!美味しいものもブログに上げてないな〜。ということで、兎にも角にも直近のライブから。先週の金曜日でした。この前々日に食べた「大人のおこさまランチ」という隠微なメニュー名に触発され、急遽、ライブの名前を「大人のロリータJAZZ」としてみました。なので、それらしい衣装を引っ張り出してきましたw。ライブで使うつもりでは無かった(つまり普段着?アセ)ので
33位 eri♫rin’さん
  • 情報提供無理なく流れに乗る あなたとアートと音楽と you and art and musiceri♫rin’さんのプロフィール
  • 昨日は爽やかなお天気に恵まれてチケットを頂いていたヨコハマトリエンナーレを見に行きました。 赤レンガのところではオクトーバーフェスタもやっていて、すごい人の賑わいテントからあふれた人が地面にすわったりであちこちでビール三昧していました?? 写真あまり撮らなくて大桟橋に係留していたPrincess Cruises号だけ。不自然なカットは人物をカットしたから 美しい船でした。 自分に向き合う100日があまりにすごか
34位 Tonyさん
35位 バーンハートさん
36位 jamkenさん
  • 情報提供BOOM BOOM SATELLITES。大傑作。 jamkenのMUSICJAM音楽評jamkenさんのプロフィール
  • UMBRA [CD] Boom Boom satellites"sloughin' blue"2001ブンブンサテライツ。JAPAN発。ビックビート。川島道行  Vo G 中野雅之  Bass Pro1997年デビュー。2016年ボーカルの川島が脳腫瘍のため死去。47歳。現在活動終了。この作品は彼らの2ndアルバムであり最高傑作。だと思う。わたしは1stアルバムを先に購入してその素晴らしさにすっかり虜になってしまいました。このバンドは鑑賞するというのではなく、エネルギーを感じる
37位 つれづれなるままに・・・日々の想いさん
  • 情報提供laurindo almeida(g)&charlie byrd(g) つれづれなるままに・・・日々の想いつれづれなるままに・・・日々の想いさんのプロフィール
  •            今日聴いたジャズ・・・     LAURINDO ALMEIDA & CHARILIE BYRD / BRAZILIAN SOUL     ユニークで個性的な二人のギタリスト、ローリンド・アルメイダとチャーリー・バードが、ブラジル音楽の古典的なフォーマットである、     ”ショーロ”にアプローチを試みた作品。    1860年〜70年頃に生まれたといわれる”ショーロ”は、もともと、『ショラール(泣く)』からきたも
38位 enosさん
39位 ジャズシンガーMAYAさん
  • 情報提供LIVE MAYA 発売速報!! JAZZ&LATINボーカリストMAYAオフィシャルブログ♪ ジャズシンガーMAYAさんのプロフィール
  • 【ニューアルバム速報】 どんな言葉を使っても今作への思いはきっと伝えることは出来ない気がする。 私はこのアルバムを吹き込むためにこれまで生きて来たような。そんな気分の中に今いるのです。それはけして間違いではないと思う。 今まで色々な言語で歌ってきて、その延長上にある単なる日本語ではない。16作目にしてようやくのタイミングを感じての今作であり、そしてこの選曲なのです。 不確かなものが私は好き。人間が苦手
40位 R297さん
41位 松和のマスターさん
  • 情報提供オールスター・セッションの理想 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ松和のマスターさんのプロフィール
  • ブルーノート・レーベルはジャズの老舗レーベル。クロスオーバー・ジャズからフュージョン・ジャズが席巻した1970年代から1980年代前半は全くその姿は見えなかったが、ハードバップ黎明期から全盛期の1950年代から、ジャズの多様化の時代1960年代にかけて、はたまた、純ジャズ復古の1980年代以降、現代に至るまで、ブルーノート・レーベルはジャズ・シーンを常にリードしてきた。 さすが、それぞれの時代のジ...
42位 Sightsongさん
  • 情報提供ジェイミー・ブランチ『Fly or Die』 SightsongSightsongさんのプロフィール
  • ジェイミー・ブランチ『Fly or Die』(International Anthem Recording Company、-2017年)を聴く。Jaimie Branch (tp)Tomeka Reid (cello)Jason Ajemian (b)Chad Taylor (ds)Special guests:Matt Schneider (g)Ben Lamar Gay (cor)Josh Berman (cor)先日マタナ・ロバーツのステージにおいてはじめてジェイミー・ブランチのプレイに接した。隣のピーター・エヴァンスのトランペットにまったく引けを取らず、かれよりも張りがあって
43位 東エミ(ヒガシエミ)さん
  • 情報提供10/21(土) 『水橋Gon孝ジャズナイト』in 亀有 Groovy Groovy 〜and all that jazz〜東エミ(ヒガシエミ)さんのプロフィール
  • ジャズ界の重鎮、水橋孝氏ライブに参加します!秋の土曜の夜、亀有の美味しいイタリア料理とジャズのお店『jazz 38』さんでお待ちしております!(写真は今年4月に水橋氏とご一緒した時のもの) 10月21日(土)『水橋Gon孝ジャズナイト』<お店>イタリア料理とジャズのお店『Jazz 38』※亀有駅南口より徒歩1分<出演>水橋孝(bs) 東エミ(vo) 田中利佳(pf) 佐々木豊(dr)<時間>1st 19:00〜20:00/2nd 20:30〜21:30<
44位 バブさん
45位 縞梟さん
46位 後藤 誠さん
47位 Tonyさん
48位 GOOD3SHOODさん
49位 jamkenさん
  • 情報提供ジョーヘンワールド。フガフガサブトーン。 jamkenのMUSICJAM音楽評jamkenさんのプロフィール
  • MIRROR, MIRROR [CD] Joe Henderson"Mirror Mirror"1980Joe Henderson: tenor saxophone; Chick Corea: piano; Ron Carter: bass; Billy Higgins: drums.1980.1 LOS 1980年はJAZZからフュージョンへと時代の流れが完全に移行した時期であり私の青春時代である。ライブアンダーザスカイでスタンリークラークとコリアとレニーホワイトラと共演したのライブを見て感動していた。フュージョン畑の私は当時、なんてつまらない音楽だなと
50位 enosさん
更新時刻:17/10/17 14:30現在